日本中近世史史料講読で可をとろう

ただし、当ブログは高等教育課程における日本史史料講読の単位修得を保証するものではありません

日本中近世史料を中心に濫読・少読・粗読し、各史料にはできるだけ古文書学に倣い表題をつけ
史料講読で「可」を目指す初学者レベルの歴史学徒として史料を読んでいきます

2020-04-08から1日間の記事一覧

天正11年閏1月12日伊藤吉次宛羽柴秀吉書状

態申遣候、 一、代官所知行方*1之算用聞*2可申候間、手間不入様、下算用能〻仕、書立候て、此方左右*3次第可罷越候事、 一、物成と蔵*4ニあり米*5書立、先早〻もたせ*6可越候、それ*7を見候て、入事候間、不可有由断候、 一、山口*8ニ申付候つる賀茂*9之物成…