日本中近世史史料講読で可をとろう

ただし、当ブログは高等教育課程における日本史史料講読の単位修得を保証するものではありません

日本中近世史料を中心に濫読・少読・粗読し、各史料にはできるだけ古文書学に倣い表題をつけ
史料講読で「可」を目指す初学者レベルの歴史学徒として史料を読んでいきます

天正13年10月20日前田玄以・松浦重政・大野光元・一柳直次・山口宗長宛豊臣秀吉朱印状写

 

 

諸公家・門跡・五山*1其外給人方知行事、三分一可渡申候、京廻知行当納*2何も法印*3相談、免*4以下一所ニ可納置候、就其桂川より東京廻帳分、先々差急相極上可申候、弥々不可有油断候、委細者民部卿法印*5ニ申聞候也、

  十月廿日*6 朱印

  民部卿法印

  松浦弥左衛門尉殿*7

  大野与左衛門尉殿*8

  一柳勘左衛門尉殿*9

  山口次左衛門尉殿*10

「久我家文書」、『秀吉文書集二』1652号、267~268頁
 
(書き下し文)
 
諸公家・門跡・五山そのほか給人方知行のこと、三分の一渡し申すべく候、京廻り知行当納いずれも法印相談じ、免以下一所に納め置くべく候、それについて桂川より東京廻り帳分、まずまず差し急ぎ相極め上げ申すべく候、いよいよ油断あるべらず候、委細は民部卿法印に申し聞け候なり、
 
(大意)
 
公家衆・門跡・寺社その他給人などの知行について「三分の一」を渡しなさい。京都周辺の知行・「当納」いずれも前田玄以と相談し、年貢などを一ヶ所に納めさせなさい。桂川より東側の京都周辺の帳面を、まず第一に仕上げて差し出しなさい。くれぐれも油断のないように。詳しくは玄以に申し含めています。
 
 

 

桂川以東の京都周辺とは以下の斜線部分である。 

Fig.1 桂川より東京廻り

f:id:x4090x:20201203153058p:plain

                   『日本歴史地名大系 京都府』より作成

本文中で玄以とよく相談しなさい、あるいは詳細は彼に言い含めているとあるのに充所に玄以の名前があるのはやや不自然な気がしないでもない。今のところ原本は見つかっていないのでその点は措く。本文書は久我(コガ)家に伝わった「写」であり、充所にない久我氏がなぜ写し取ったのか、その意味を考えてみたい。ちなみに久我家は摂家に次ぐ公家社会の頂点に位置する清華家である。

 

Fig.2 堂上家一覧と久我家

f:id:x4090x:20201204154955p:plain

 荘園領主である久我氏にとって、あるいは公家たちにとって秀吉による検地の噂は脅威だった。実務にあたっていた玄以らに下された朱印状の中身を一刻も早く確認したかったのだろう、この「写し取った」行為自体が検地に対する荘園領主の反応を示している。

 

閏8月2日三千院最胤法親王は「大原勝林院村*11一職」について便宜を図ってほしい旨玄以に書き送っていて*12、彼らが公家たちに文書を写し取らせる機会を与えていただろうことは十分ありうる。また松浦重政は検地を現場で担う一方、吉田兼見から鮭二尾を音信として贈られている*13。これらの点から検地を「行う者たち」と「行われる者たち」の間は近しい関係にあったといえるだろう。

 

正法山妙心禅寺の出納帳である「銭納下帳」には、玄以およびその家臣の松田政行へ金品をたびたび渡していたことが記されている。

 

 Table. 天正13年分「正法山妙心禅寺銭納下帳」

f:id:x4090x:20201204182624p:plain

 前年の近江国検地において「礼銭」や「礼物」を渡し、「誤り隠し候儀」があったなら「一類・眷属・女子共まで」磔刑に処すという起請文を百姓たちに書かせており*14、百姓には厳しい態度で臨み、荘園領主とは妥協しながら進めていったのだろうか。

 

*1:ここでは荘園領主である大きな寺院全般を指している

*2:今年収公する年貢など

*3:前田玄以

*4:「免」は中世では水損・干損・虫損などで領主が百姓らに「免ずる」分を意味し、近世では領主へ差し出す分を指すとされているが、ここでは後者の「領主へ納める分」でないと意味が通らなくなる

*5:前田玄以

*6:天正13年

*7:重政

*8:光元

*9:直次

*10:宗長

*11:山城国愛宕郡

*12:『大日本史料』第11編27冊、22~23頁

*13:『兼見卿記』天正13年10月22日条

*14:『大日本史料』第11編8冊、408~409頁

天正13年10月6日施薬院全宗宛豊臣秀吉朱印状(下)

今回いよいよ本文書を理解する上で重要なカギとなる「御理」について考察する。

  

問題の箇所は以下の通りである。

 

 

 

御室戸*1大鳳寺*2事、雖可被成御検地*3御理*4申上条相除者也

 

(書き下し文)

 

御室戸・大鳳寺のこと、御検地なさるべくといえども、おことわり申し上ぐるの条相除くものなり、

 

(大意)

 

御室戸村および大鳳寺村のこと、検地すべきところだが、「事情」を申し述べてきているので除外する。

 

 

前回、自身に対して尊敬語を用いる秀吉が、「理」に「御」をつけるからには相当の貴人だろうと推測した。では一体誰が、どのようなことを秀吉に申し述べたのか。その手がかりになるのが、本能寺の変直後の天正10年6月9日条、次の記述でよく知られる「兼見卿記」である。

 

 

 

早々日向守(光秀)折紙到来して云う、唯今この方(京都)へ来たるべきの由自筆をもって申し来たりおわんぬ・・・白川にいたり予(兼見のこと)罷り出で、公家衆、摂家・清花(清華家)ことごとくお出迎えのため、予この由向州(日向守=光秀*5)に云う・・・

 

 

 

光秀が自筆の折紙で「これから上洛します」と兼見に書き送り、入京する光秀軍を公家衆が総出で出迎えるという記述で、光秀と公家社会との「ただならぬ関係」をそこに嗅ぎ取ることもできる。しかも彼らは摂家や清華家といった公家の頂点に君臨していた者たちである。

 

 Table.1 堂上家一覧

f:id:x4090x:20201127224329j:plain


 Table.2 「兼見卿記」の検地記事

f:id:x4090x:20201127232408j:plain

Fig. 検地が行われると噂された地域

f:id:x4090x:20201127232612p:plain

                   『日本歴史地名大系 京都府』より作成

表2に見られるように、検地が行われるとの噂は公家社会を震撼させた。荘園領主として当然の反応である。9月9日には皇室領である「御料所」まで検地すると噂されていた。

兼見は公家の中山親綱や勧修寺晴豊らと相談し、前田玄以や細川幽斎らを通じて秀吉に弁明しようとしたり、あるいは検地が行われているところへ使いを送り、実際に検地を行っている奉行たちを丸め込むべく「礼銭」を渡すなどさまざまな工作を行い、検地を「有利な」かたちに導くべく動いていた。

 

こうした工作が成功したのか、秀吉は本文書のとおり御室戸・大鳳寺の検地を断念した。公家たちの「論理」=「御理」があったために「本来なら検地すべきだが、特例として除外する」と秀吉に言わしめた「爪痕」は歴史的に重要である。太閤検地が巷間言われるようにスムースに行われず、中世的勢力である荘園領主たちがこれに抗った事実は無視されるべきでない。それを考察することによって、秀吉による検地が何を模索していたのか浮き彫りにすることもまた可能だからである*6。「ある朝目覚めたら、新しい時代になっていた」ということは人があとから辿る記憶やノスタルギーのなかには存在しうるとしても、現実はそう甘くないし、単純でもないのである。

 

*1:山城国宇治郡三室戸

*2:同郡

*3:秀吉による検地

*4:コトワリ、申しわけ・弁明

*5:一般に日向国は「日州」と呼ぶが「島津家文書」1098号のように「向州」と呼ぶ場合もある

*6:中野等氏によれば検地の施行原則は最晩年にいたるまで試行錯誤の連続だったという。同『太閤検地』中公新書、2019年

天正13年10月6日施薬院全宗宛豊臣秀吉朱印状(中)

前回の文書を再掲してみる。

 

 

 

御室戸*1大鳳寺*2事、雖可被成御検地*3、①御理*4申上条相除者也、然者②自前〻百石、今度百石、都合弐百石分、毎年無水干損可納所旨、可申付者也、若於無沙汰者、惣郷可被加御成敗者也、

  天正十三

   十月六日(朱印)

      施薬院*5

『秀吉文書集二』1644号、265~266頁

 

 

(書き下し文)

 

御室戸・大鳳寺のこと、御検地なさるべくといえども、おことわり申し上ぐるの条相除くものなり、しからば前〻より百石、このたび百石、都合弐百石分、毎年水干損なく納所すべき旨、申し付くべきものなり、もし無沙汰においては、惣郷御成敗を加えらるべきものなり、

 

(大意)

 

御室戸村および大鳳寺村のこと、検地すべきところだが、「道理/弁明」を申し述べてきているので除外する。以前より百石、今回百石、計二百石を、毎年水損だの干損だのと減免せず、必ず納めるよう命じなさい。もし年貢などを未進した場合は郷全体を成敗する。

 

 

御室戸村(三室戸村)・大鳳寺村は、図1、2のように宇治川右岸の宇治郡宇治郷に属していた。また同左岸には久世郡宇治郷もあり、宇治橋架橋により「宇治郷」として一体化していったらしい。宇治川は秀吉が文禄3年(1954)に流路付け替えを行うまで巨椋池に流れ込み、河川周辺は氾濫原であった。現在の景観とかなり異なっていたはずである。

 

Fig.1 山城国宇治・久世両郡宇治郷周辺図

f:id:x4090x:20201124120036j:plain

                   『日本歴史地名大系 京都府』、『国史大辞典』「巨椋池」などより作成

Fig.2 山城国宇治・久世両郡宇治郷周辺図

 

f:id:x4090x:20201124130556j:plain

                    宇治市「宇治市の歴史的風致形成の背景」「図1-4 宇治市域の地区境界」より作成

秀吉は本文書で自身が行う検地を「御検地」と呼び、成敗を「御成敗を加えらるべきものなり」と尊敬語を使っているので、「理」(コトワリ)に「御」をつけるからにはかなり身分の高い者の声だろうと推測できる。したがって百姓らが「検地はやめて欲しい」と異議を申し立てた、という単純な話ではなさそうである。

  

*1:山城国宇治郡三室戸、図参照

*2:同郡

*3:秀吉による検地

*4:コトワリ、申しわけ・弁明

*5:徳雲軒ヤクイン全宗

天正13年10月6日施薬院全宗宛豊臣秀吉朱印状(上)

 

 

御室戸*1大鳳寺*2事、雖可被成御検地*3、①御理*4申上条相除*5者也、然者②自前〻百石、今度百石、都合弐百石分、毎年無水干損*6可納所旨、可申付者也、若於無沙汰*7者、惣郷可被加御成敗*8者也、

  天正十三

   十月六日(朱印)

      施薬院*9

『秀吉文書集二』1644号、265~266頁

 

 

(書き下し文)

 

御室戸・大鳳寺のこと、御検地なさるべくといえども、おことわり申し上ぐるの条相除くものなり、しからば前〻より百石、このたび百石、都合弐百石分、毎年水干損なく納所すべき旨、申し付くべきものなり、もし無沙汰においては、惣郷御成敗を加えらるべきものなり、

 

(大意)

 

御室戸村および大鳳寺村のこと、検地すべきところだが、道理を申し述べてきている(誰が?どのような「道理」を申し述べたのか?)ので除外する。以前より百石、今回百石、計二百石を、毎年水損だの干損だのと減免せず、必ず納めるよう命じなさい。もし年貢などを未進した場合は郷全体を成敗する。

 

 

短い割にかなり厄介である。まず下線部①の「御理」(オコトワリ)を述べたのが誰であるか、またその具体的な内容がどのようなことか書かれていない。次に②の「前々より百石、このたび百石、都合二百石」の意味もはっきりしない。下線部①の「御理」については「兼見卿記」の記事を参照すべく次回に期するとして、下線部②の「前々より百石」以下について次のようなことと結びつける向きもあるだろう。

 

すなわち表1のとおり、11月21日付で全宗に充行われた御室戸・大鳳寺合わせて200石のことだろうと。

  

Table.1 施薬院全宗の知行地内訳

f:id:x4090x:20201123153904j:plain


ちなみにこれら知行地の分布は下図のようになる。

Fig. 施薬院全宗の知行地内訳

f:id:x4090x:20201122131956p:plain

                   『日本歴史地名大系 京都府』より作成

たしかに「御室戸・大鳳寺」合わせて200石与えるということで数字上はなんとなく辻褄が合いそうではある。しかし11月21日は表2のとおり、秀吉が公家や寺社に対して一斉に知行充行状を発給しているので、全宗にだけ先に200石与えていたと解釈するのは難しい。
 

Table.2  天正13年11月21日知行充行発給一覧

 

f:id:x4090x:20201123173950j:plain

 

つまり11月21日の知行充行との関連をいったん除外すると、「前〻より百石、このたび百石、都合弐百石分、毎年水干損なく納所すべき旨、申し付くべきものなり」は「従来は100石を納めてきたが、今回100石増やして計200石、水損だの干損だのといって負けることなく納めさせなさい」と全宗に命じていることになる。それなら文末の「惣郷御成敗を加えらるるべきものなり」=郷村の構成員全体を追及するという部分とも齟齬なく解釈できる。全宗は御室戸大鳳寺を支配する領主=給人ではなく、代官だった可能性が高そうである。そののち11月21日領主に横滑りしたのではないだろうか。

 

*1:山城国宇治郡三室戸、図参照

*2:同郡

*3:秀吉による検地

*4:コトワリ、申しわけ・弁明

*5:同年10月10、11、12日分「山城国愛宕郡賀茂御検地帳」(賀茂別雷神社文書、『大日本史料』第11編27冊293頁)末尾に「うわかみのけて四十まい」(上紙=表紙を除けて40枚)とあるので「ノク」と読む

*6:水損は洪水などによる、干損は日照りなどによる不作。ここでは自然現象である大水や日照りがあっても「水干損」として年貢減免を認めないの意

*7:年貢などを納めることを「沙汰」と言い、そうしないことを「無沙汰」と呼ぶ

*8:秀吉自身による成敗

*9:徳雲軒ヤクインまたはセヤクイン全宗

天正13年10月2日島津義久宛豊臣秀吉判物

 

(包紙ウハ書)

「  島津修理大夫殿*1   」

 

(端裏)

「(墨引)」

 

就(闕字)勅諚*2染筆候、仍関東不残奥州迄被任(闕字)倫*3命、天下静謐処、九州事于今鉾楯*4儀、不可然候条、国郡境目相論、互存分*5之儀被聞召届、追可被(闕字)仰出候、先敵味方共双方可相止弓箭*6旨、(闕字)叡慮*7候、可被得其意儀尤候、自然不被専此旨候者、急度可被成御成敗候之間、此返答各為ニ者一大事之儀候、有分別可有言上候也、

  拾月二日*8(花押)

    島津修理大夫殿

 

『秀吉文書集二』1640号、265頁
 
(書き下し文)
 
勅諚について染筆候、よって関東は残らず奥州まで綸命に任され、天下静謐のところ、九州のこと今に鉾楯の儀、然るべからず候条、国郡境目相論、互いに存分の儀聞し召し届けられ、おって仰せ出さるべく候、まず敵味方とも双方弓箭を相止むべき旨、叡慮に候、その意を得らるべき儀もっともに候、自然この旨を専らにせずそうらわば、きっと御成敗ならるべく候のあいだ、この返答おのおのためには一大事の儀に候、分別ある言上あるべく候なり、
 
(大意)
 
 勅命について一筆申し入れます。関東は残らず、奥州まで綸命を受け天下の静謐を実現しているのに、九州は今も戦争状態にあるのはけしからぬことです。国郡境目相論については双方の言い分をお聞き届けになり、そののち「国分」の裁定が下されることでしょう。まずは敵味方とも双方戦闘を止めることが天皇のご意思です。当然これにしたがうことでしょう。万一この趣旨にしたがわないのならば、必ずやご成敗となるでしょう。ご返答はご自身の一大事です。色よいご返事があることでしょう。
 
 

 

1990年代以降戦国織豊期の動乱を、「国郡境目相論」として理解することが一般的になっている。もちろん実態は土地や人、生産物など資源(リソース)の分捕りであるが、それが「国境」もしくは「郡境」相論=紛争として史料上にあらわれることを重視してのことである。その相論を「解決」する上級権力、つまり「紛争の裁定者」として戦国大名や織豊政権があらわれるのがこの時期の特徴である*9

 

本文書の趣旨は「九州のこと今に鉾楯の儀」や「まず敵味方とも双方弓箭を相止むべき旨、叡慮に候」といった戦争状態にあることを、天皇の意思を受けて停止させるというところにある。つまり「鉾楯」や「弓箭」を停止した状態を秀吉が実現させるつもりであるが、「義久殿にとって一大事ですのでよくよく考えてお答えください」と迫っているのである。

 

この文書について義久家臣で日向国宮崎城主の上井覚兼は全文書き写した上で、次のように有名な感想を記している。

 

 

 

『大日本古記録 上井覚兼日記』天正14年1月23日条 

 

旧冬*10羽柴殿より書状到来候、ならびに細川兵部太輔入道玄旨*11・当時*12の茶湯者宗易*13、両所よりも副状あり、羽筑*14去年関白に任じられ候、しからば書状の趣、

 

(上述文書の本文)拾月二日          

判ばかりなり、名乗などナシ

 

 当ところ*15、嶋津殿、といかにも早々書候*16、このご返書関白殿へにてそうらえば*17、もちろんその通りに相応の御請けたるべく候、去りながら、羽柴ことはまことにまことに由来なき仁と世上沙汰候、当家のことは、頼朝已来愀変*18なき御家のことに候、しかるに羽柴へ関白殿噯*19いの返書は笑止*20のよしとも候、また右の如きゆえなき仁に関白を御免のこと、ただ(闕字)綸言*21の軽きにてこそ候へ

  

 

上井覚兼による文書の写はかなり正確であるが、②の「充所が『嶋津殿』 といかにも即席で書き上げた風である」というのは、上述文書と突き合せると誤りであることがわかる。写(コピー)では知りようのないことを原本(オリジナル)が教えてくれる端的な事例である。

 

①の「判」つまり花押のみで実名(ジツミョウ)や官職などの名乗がないのは、②の充所が略式であることとあわせて無礼であると漏らしている。もっとも秀吉が「従一位関白内大臣豊臣朝臣秀吉」などと名乗ったとしても、それはそれで「怪しげな」印象を与えたことだろう。

 

世間が、秀吉を実に由緒も来歴もあやしいものだと評しており(③)、したがって「名門中の名門」である当家が、秀吉に対する返書を関白殿扱いにするとは異常なことであるし(④)、秀吉のように胡散臭い人物を関白に任じるとは勅命もなんと軽いものだろうか(⑤)と感じたわけである。

 

秀吉が関白に上りつめるために編み出した、近衛前久の猶子になるという「離れ業」=カラクリを覚兼が知るのは2ヶ月ほどのちの3月18日のことであり*22、「笑止」=異常な出来事と映るのも無理からぬことであった。

 

 

*1:義久

*2:勅命

*3:

*4:戦争、大友義統と交戦中

*5:意見、考え

*6:戦争

*7:天皇の意思

*8:天正13年

*9:学術的には「中近世移行期」と呼ぶことが多い

*10:天正13年10月

*11:藤孝

*12:現在の

*13:千利休

*14:前守秀吉

*15:充所

*16:本文書にあるように実際の充所は「島津修理大夫殿」でこの点は覚兼の記憶違いである。なお「嶋」と「島」の相違は問題になっていない

*17:正真正銘由緒正しき関白殿ならば

*18:シュウヘン、変節

*19:アツカ

*20:奇怪なこと、不吉なこと

*21:勅命

*22:「上井覚兼日記」同日条