日本史史料を読むブログ 

日本中近世史史料講読で可をとろう

天正13年9月14日 本願寺顕如、秀吉有馬湯治につき手土産を贈り、秀吉、顕如に礼を述べる

 

 

 

就湯治為音信、紙子二并菓子一折到来、祝著候、近日可帰城之間、旁期面之節候、恐々謹言、
  (天正十三年)
    九月十八日                   秀吉(朱印)
    本願寺殿

(書き下し文)

湯治につき音信として、紙子二ならび菓子一折到来し、祝著に候、近日帰城すべきのあいだ、かたがた期面の節候、恐々謹言

(大意)

湯治のご挨拶代わりに紙子ふたつと菓子一折が届き、実にうれしく思っております。近々大坂へ帰りますので、いずれお目にかかった時に、でもと思います。謹んで申し述べました。

 

 


*音信:音信物(いんしんもの)の略で、人を訪ねる際に持参する手土産から賄賂まで幅広い意味がある。


*紙子:紙衣・紙袍とも書く。紙で作られた衣で、「粗末な衣服、落ちぶれた姿」という意味もある。

 

*著:「着」は「著」の俗字と「字通」にある。「著」=「着」と理解してよい。(e.g.「著到」)