日本史史料を読むブログ 

日本中近世史史料講読で可をとろう

自然のことにて候 「おんな城主 直虎」第48回

「自然」は古文書頻出用語であるが、近世前期と中後期では意味はまったく異なる。中後期では「当然~なる」という意味合いだが、戦国期から近世前期は「万一」という意味で使われる。

 

したがって「自然のことにて候」とは「万一のことでございます」ということになる。いくら掛詞とはいえ、はかりごとを意味する符丁として当時使えばバレバレである。