日本史史料を読むブログ 

日本中近世史史料講読で可をとろう

日本中近世史料を中心に濫読・少読・粗読し、各史料にはできるだけ古文書学に倣い表題をつけ
史料講読で「可」を目指す初学者レベルの歴史学徒として史料を読んでいきます

村上水軍の新史料

毎日新聞
 

「猶条々申合口上候、次来嶋落城之段定而不可有其隠候間、不能申候、恐々謹言

    三月十六日              昭光(花押)」

 

 

(書き下し)

「なお、条々申し合わせ口上候、次に来嶋落城の段定めてその隠れあるべからず候間、申しあたわず候、恐々謹言」

 

 

*恐々謹言:書状の末尾に書く決まり文句、こうした頻繁に使われる文字はくずし方がひどい。縦線一本だけで表す場合も珍しくない。「候」だと点だけで済ます事例は数え切れない。

 

 

書状なのでやはり年代は省略されていて「3月16日」としか記されていない。この記事によれば天正11年(1583)に比定されている。

 

記事では「定而付可有其隠候間」としているが「付」ではなく「不」ではと思うがいかがだろうか。

 
 
河野氏については川岡勉「中世伊予の山方領主と河野氏権力」(2003年)を参照されたい。