日本史史料を読むブログ 

日本中近世史史料講読で可をとろう

旧制中学の歴史地図

 

国会図書館デジタルコレクションから「日本歴史地図」で検索してみた。

 

国立国会図書館デジタルコレクション - 検索結果

 

なかなか面白い。

 

f:id:x4090x:20180423001856j:plain

 

東京周辺図は荏原郡葛飾郡、豊島郡などの郡名が載っているので実用的でもある。

 

 

戦役にかんする地図がやたら詳しい。

 

f:id:x4090x:20180423005709j:plain

 

f:id:x4090x:20180423004315j:plain

 

南朝方を「官軍」、北朝方を「賊軍」と呼ぶ地図は時代を感じさせる。

 

f:id:x4090x:20180423004342j:plain

 

 

 現在の県名とくらべてみるとさまざまな発見がありそうだ。

 

f:id:x4090x:20180423005001j:plain

 

 

 

 

 

 

 

2018年4月20日付のある地方紙の記事について

 

先日次の記事を書いた。

 

japanesehistorybasedonarchives.hatenablog.com

 

当ブログはこの記事に対してむしろ好感を覚える。「幕府」といった初歩的な勘違いはともかく、文書の写真が掲載されていることは望ましいことだと思う。写真によってその文書がいかなるものか判断する材料が提供されているからだ。解釈は読者に任せる、そういうスタイルがあってもいいと思う。

 

朱印はまるで芋版で、文書としての完成度は低い。80年代までの時代劇では、一般人が朱印を据えた借用証文を平気で使っていたが、感覚的にはそれに近いと思う。「百万円札」のようなジョークとして作られた可能性すらある。あるいは小中学生の自由研究の作品と考えれば、かなりのレベルだ。

 

さてこうした歴史資料を観光資源として活用する事例は近年珍しくないし、またそのこと自体は責められるべきことではない。ただ、史料解釈にまで観光の論理先行という風潮は問題があると思う。

 

観光先行の説明には、ときどき首をかしげざるを得ないようなものがある。しかし、質問しようにもそれらしき人がいないことがしばしばである。

 

こうしたフラストレーションはテレビや雑誌の記事などによってさらに増幅される。だまされている気がしてならないのだ。

 

 

「英語で日本史を説明できる」ようなことはもちろん大切だと思う。しかし、それ以前に史料を読めるようにすることはもっと重要である。海外にも日本史研究者がいることを忘れてはならない。

 

 

映画やドラマでの自称・他称問題と学校教育における「体罰」問題

 

映画やドラマを見ているとおかしな言葉を使う場面にしばしば出くわす。その代表例が「犯人グループはテロリストを名乗っています」というものだ。

 

テロリストのほとんどは、自身の行為を思想信条から絶対的正義にもとづいた正統性をもつものと信じている。現世や現体制下の秩序や法体系などは不正義で、それらを超越した「正義」を実行している確信犯である。

 

したがって彼ら彼女らによる犯行声明は「正義の実現」を目的とする旨が書かれている。みずからを「救世主」「革命戦士」などと呼ぶことはあっても、対外的に「テロリスト」などと名乗ることはあり得ないのだ。

 

 

話は飛ぶが「スクールロイヤー」が登場するドラマを見た。ある種の期待を持って見たのだが、その望みはみごとに打ち砕かれた。

 

昭和二十二年法律第二十六号

 

第十一条 校長及び教員は、教育上必要があると認めるときは、文部科学大臣の定めるところにより、児童、生徒及び学生に懲戒を加えることができる。ただし、体罰を加えることはできない

 

これは学校教育法の条文である。この法律施行以後「体罰」は違法行為と認定され、現在にいたっている。いかなる場合であれ「体罰」は禁止されているのだ。この法的知識抜きに体罰問題が論じられているのが現状であり、それに一石を投じるドラマになるのでは、と期待していたのだ。

 

しかし、スクールロイヤーはこの法的根拠を説明せず、いきなりある行為が「懲戒」にあたるか「体罰」にあたるかの議論に入ってしまった。

 

体罰」は教育的効果があるから必要だという主張をときどき見かける。しかし違法行為を効果覿面だから採用すべし、と言い換えてみれば如何であろうか。これは教育的効果を絶対的正義とすれば現行法は不正義であり、これにひるむことなく「正義」を実行すべし、という主張に容易に転化しうる。確信犯である。

 

どうしても採り入れたいのなら「愛のムチ」「インセンティブ」などと言い換えることで懲戒の範囲内に納める方法がより堅実であるとは思う。

 

 

「豊臣幕府」??「池田輝政代官朱印状」???

 

次のような記事を見た。

 

www.higashiaichi.co.jp

 

印文は「代官印」とある。秀吉からは陪臣にあたる代官の「朱印」である。

歴史学における人物史について 増田四郎『歴史学概論』(191~192頁)から

 

ある歴史的事象に対して内面的な興味をひきおこすという場合、われわれの最も身近かに感得しうる対象の一つは、ある具体的な個人の伝記であろう(「伝記」に傍点あり)。個人の伝記というものは、社会事象とは異なり、感情移入の切実な点で、われわれをひきつける特殊の能力をもっている。そこで歴史の研究にはいる場合、伝記への興味からはいるということも、たしかにナチュラルな一方法である。

 

しかし伝記は、一見地所を超越した絶対的興味をふくむがごとくであるが、真に正しくその人の個性と活動の意義を理解するためには、どうしてもその人の生きていた時代の背景を把握しなければならない。(中略)

 

その時代を具体的に知るという意欲によって、二流、三流の人の伝記にも向けられなければならない。例えば、中世における名もない商人の伝記を断片史料によって再構成してみるというような仕事も、大いに必要なことである。(赤字による強調は引用者)

 

「日本人」をあらわす17世紀の英語

 

先日「歴史秘話ヒストリア」で、三浦按針のことをイギリス人がこう評している場面が取り上げられた。

 

f:id:x4090x:20180420011352j:plain

 

ここでは日本人が「Japanner」となっており、また「very」が「verye」となっている。日本語と比較すると400年ものひらきがあるとは思えない。

 

 

 

2018年4月15日再放送「開運!なんでもお宝鑑定団」で紹介された武田信玄朱印状/判物を読む

 

 

 

www.tv-tokyo.co.jp

 

f:id:x4090x:20180416141812p:plain

 

 

今度於信州川中嶋
合戦之刻抜群之働
依之永三百貫文之所
全可宛行者也
 武田大膳大夫晴信入道
     (朱印)
     信玄(花押)
  (異筆か)
    「馬場美濃守」
       信房(花押)
 永禄四辛酉年
  十二月十四日
   野溝久太郎江

 

(書き下し文)

このたび信州川中嶋において合戦のきざみ、抜群の働き、これにより永三百貫文の所まったく宛行うべきものなり、

 

*永三百貫文:「永」楽銭で300貫文分の土地

 

念のためだが、骨董的価値と学術上の価値は一致するとは限らない。どちらがすぐれているとか、そういうこともない。学術的にはどちらの史料が信用できるかどうかの判断はするが、史料そのものの価値判断には踏み込まない。

 

たとえば誰も見たことがないゆえに、ある時代により高い信用を得る偽文書も存在する。文書の真偽を判断することは重要であるが、歴史学ではさらになぜそれが有効性を持ち得たか、あるいはなぜそれが大切に継承されてきたか、そのような現象を考察することもある。

 

参考文献

www.kashiwashobo.co.jp

西郷どん紀行(14)で紹介された文書を読む

 

年月日未詳差出人請取人不詳の文書

 

f:id:x4090x:20180415233745j:plain

 

水戸宰相殿御弟*(闕字)松平
七郎麿事被遊(平出)
御世話一橋家相続被(平出)
仰出一橋領拾万石其侭
可被遣(平出)
思召ニ候此段御内意可申達旨
被(闕字)仰出候

 (以下記載なし)

 

(書き下し文)

水戸宰相殿御弟松平七郎麿のこと、お世話遊ばされ一橋家相続仰せ出でられ、一橋領十万石そのまま遣わさるべき思し召しに候、この段御内意申し達すべき旨仰せ出でられ候、

 

*水戸宰相:徳川斉昭、「宰相」は「参議」の唐名

 

*弟: 長子でない子、特に末子

 

*(闕字):闕字というには字間が詰まっており、さりとて通常通りに書いたというには隙間がある。微妙なところだ。作成者がわからないのでいかなる立場から敬意を表しているのかわからないが、「松平」から平出にするのが自然と思われる。

 

*松平七郎麿:徳川慶喜、「七郎」は七男

 

*一橋領:大名などの領地は史料上では「領」「領知」、幕府直轄地は「御代官所」、旗本領は「知行所」などとあらわされることが多い。

 

*思召:作成者がわからないのでなんともいえないが、おそらく公儀の「思し召し」と思われる。

 

朝ドラ「ごちそうさん」のヒロインの名前についての違和感

 

主人公の名前は「め以子」、その娘の名前は「ふ久」でWikipediaによればそれらの由来は

 

「め以子」の名の由来は「命(いのち=めい)を生み出す子」であるが、そのままでは気恥ずかしいのでひらがなと漢字を当て字に遣った

 

 

「西門家に福を呼ぶ子」という意味を込めて、め以子の父・大五が命名し、「ふ久」という当て字は悠太郎の父・正蔵が考案した

 

(強調は引用者)

ごちそうさん (2013年のテレビドラマ) - Wikipedia

 

 

とある。「以」が漢字で、「久」が当て字というこの説明は当時の状況を考えると問題がある。

 

ひらがなの「い」には次のような種類がある。

 

「Koin変体仮名
 
 
 

「奔行かな」
   
   

IPA情報処理推進機構 - MJ文字情報一覧表変体仮名編・NINJAL国立国語研究所
   
   

「いろは三體帖・いろは三体帳」新岡久頼著(明治43年・1910年)
   
   

「かな変体帖 : 仮名書自在」椎名克堂 編・書(大正2年・1913年)

        

  参考「戸籍での解読のために例示されている変体仮名」(2013年・平成25年現在) ≫≫「ゐ」も参照
 

 

www.benricho.org

 

「以」を漢字と考えるのは戦後の発想である。以下の看板や包装には「せんべい」「たゝみいわし」とある。

 

は今でも見かける変体仮名の代表のひとつである。

 

f:id:x4090x:20180415123507p:plain

 

f:id:x4090x:20180415123538p:plain

twilog.org

 

つづいて「久」だがこちらも同様である。

 

「Koin変体仮名

「奔行かな」
         

IPA情報処理推進機構 - MJ文字情報一覧表変体仮名編・NINJAL国立国語研究所

         
         

「いろは三體帖・いろは三体帳」新岡久頼著(明治43年・1910年)
   
   

「かな変体帖 : 仮名書自在」椎名克堂 編・書(大正2年・1913年)

  参考「戸籍での解読のために例示されている変体仮名」(2013年・平成25年現在)

         
         

         
         
         

 

www.benricho.org

 

そもそもひらがなの「く」は「久」のくずし字である。昭和一桁生まれならこう名付ける可能性がもっとも高いと思われる。

 

 

   f:id:x4090x:20180415124549p:plain

 

もちろん可能性のひとつに過ぎないが「天婦羅」の看板で馴染みがある。

kanapu.jpg

http://gattin.world.coocan.jp/kanji/kana.htm

 

c0053520_169631.jpg

 

blog.excite.co.jp

 

街には変体仮名があふれている。そしてその歴史はかなり遡ることができる。明治に入って急ごしらえに作られた「伝統」と称するものとは性格を異にする。しかしいまや高齢の女性の名前と看板にのみその姿を留めるのみで、一向に保護を訴える声は聞かれない。仮名は立派な伝統文化と思うのだが・・・。

大正あるいは昭和初年に生まれた女性の名前について

 

ひらがなで書かれた女性の名前「満つる」はどう読めばいいのだろうか?

 

 

参考「戸籍での解読のために例示されている変体仮名」(2013年・平成25年現在)

         

 

 

 

 

 

https://www.benricho.org/kana/ma.html

 

たとえばこういった看板がある。

 

plaza.rakuten.co.jp

 

大正12年の「ペン習字青年手紙之文」を見てみよう。

 

f:id:x4090x:20180414213314j:plain

https://www.benricho.org/kana/img-refarence/T12-penji01.jpg

 

 活字ではが用意されている。

 

復元された遺跡、遺構を見る際の留意点

 

ずいぶん前の話になるが、さる高名な考古学研究者がこういった意味の愚痴をこぼしていた。

 

「最大○○メートルの構造物があったと推定されるというと、みなその最大値で復元するんだよ」

 

遺構はよくて柱の根元の現物が、多くは柱穴のみが出土する。その柱の直径などから、構造物が推定されるので、上限もあれば下限もある。

 

 

「大きいことはいいことだ」という価値観が支配的だった時期もあれば、「スモールイズビューティフル」という時期もあった。大きさだけで何かを判断するのはあやういし、無意味に比較するのもどうかと思う。

 

 

その点注意したい。

映画「天使と悪魔」の主人公に関する疑問

 

前回の記事に便乗して「天使と悪魔」に登場する図像学者、古文献学者への違和感を記しておく。

 

謎の古文献を探しに「バチカン図書館」(正確には文書館/史料館)に入った主人公とCERNの研究者はこういった会話をする。

 

「まいったな、ラテン語は読めないんだよ」

「大丈夫、わたし読めるから」

 

ラテン語は中世ヨーロッパの国際的公用語であるので必須の要件である。にもかかわらず、臆面もなく公言してはばからない。主人公が馬脚を現した瞬間だった。図像は読めるが、文字は読めないと白状したに等しい。つまり、史料全体を読んでいるのではなく、図像だけをつまみ食いしている、そういうことになる。

 

他山の石としたい。

2018年4月11日放送「公文書をどう管理すべきか(時論公論)」について 「アーカイブズ」という言葉

 

放送を途中から見たため、内容はサイトにより確認した。

 

www.nhk.or.jp

 

ちょうど山口県文書館(もんじょかん)の職員がゴミの山から文書(ブンショ:以下「もんじょ」の場合はルビなし、「ぶんしょ」と読む時は「ブンショ」とルビを振る)を拾う場面からだった。もっとも気になったのは「文書館」をどう読んだのかだったが、サイトにルビは振られていなかった。

 

解説に足りなかった点はあまりに多すぎるが、「アーカイブズ」という言葉に限って記しておきたい。

 

安澤秀一氏は1980年代から、現用文書を「ぶんしょ」、非現用文書を「もんじょ」と呼び分けて区別すべきと主張している。

 

www.yoshikawa-k.co.jp

 

文書は英語で「archives」で、その他のヨーロッパ言語でも「アルヒーフ」「アルシーヴ」などと表現される。同様に文書館、文書館(ブンショかん)、公文書館、資料館、史料館、企業史料館などと日本語訳される施設も「archives」である。

 

映画「天使と悪魔」を偶然見たとき、バチカンの史料館の入口に「アーカイブズ」(イタリア語かラテン語かわからなかったが・・・)と思しき語が書かれているにもかかわらず、吹き替えは「図書館」だった。これは日本の文書館事情を反映した妥協の産物であろう。

 

それとは対照的に海外の旅行ガイドブックを見ると「アーカイブズ」は「古文書館」と書かれることが多い。「アメリカ国立公文書館」は「National Archives」、日本の国立公文書館は「National Archives of Japan」で「公文書(ブンショ)」に限定する英訳は見当たらない。

 

不幸なことに2000年代になるとコンピュータ用語として「アーカイブ」が、さらに過去の映像作品を「アーカイブス」(「ズ」と「ス」が異なる)と呼ぶ習慣が広まった。こういった事情などのためか、「アーカイブズ」関連用語は混乱を極めている。

 

本来、書籍や雑誌などの刊行物の閲覧、帯出などは図書館=司書(ライブラリアン)、モノは博物館で「展示」=学芸員(キュレーター)、文書は文書館で「閲覧」=アーキビストと分業されるのが理想である。

 

日本では古文書群を代替的に図書館や博物館が管理保管してきた。しかし、図書館では特別な手続きを要するし、博物館は閲覧施設をそなえていないということで、誰にでも公開されるという点で問題があった。そこで都道府県レベルでの文書館(もんじょかん/ブンショカン)の設立が80年代から各地ではじまり、現在にいたっている。

 

一方、私文書(公文書と私文書の区別をめぐる難点は後日)の保管は各企業で早くから進んでいる。老舗と呼ばれる企業では博物館や企業史料館などで古文書などの保管がなされ、創業時以来の経営をうかがい知ることが可能である。

 

また自治体として認められていないが、事実上の下請け団体に「字」(あざ)があり、その準公的機関が「区有文書」などとして自発的に古文書群を管理保管してきた歴史もある。数年に一度皆が集まって虫干しをしたり、目録と照らし合わせて点検し「合点」を書き込むケースも珍しくない(紛失した場合はその旨明記されていることも)。

 

公的機関で消極的だが、企業など民間などでは積極的であるという現象もまた日本文化を知る上で興味深い。

 

企業史料協議会(BAA)

 

 

 

未来年号

未来年号とはたとえば以下のようなケースをいう。

 

japanesehistorybasedonarchives.hatenablog.com

 

嘉永7年11月4日に「安政東海地震」、11月5日に「安政南海地震」が連続して起きたことなどから、11月27日に「安政」と改元された。これらを「安政地震」と呼ぶのは、明治以降改元した年は遡ることを慣習としたことによるのであって、当時安政地震と呼ばれたわけではない。呼称については以下のような見解もあるが、承服しがたい。

本邦における被害地震の日本暦の改元について

 

未来年号については、服部英雄氏の論文がある。

 

未来年号の世界から : 日付に矛盾のある文書よりみた荘園の様相

 

本論部分は大日本史料や大日本古文書、写真集などがないと理解できないが、「はじめに」と「むすび」だけ読んでも大いに啓発される。とくに「むすび」は文面を解釈することだけが、史料解釈ではないことを教えてくれる。

 

 

参考文献

文学の歴史叙述に於ける遡及年号について

 

テレビ番組で紹介された古文書について

 

動画投稿サイトで数年前に放送された番組を見てしまった。画像が不鮮明で読めないため、一字分「?」で記した。

 

f:id:x4090x:20180407235214p:plain

 

f:id:x4090x:20180407235240p:plain

 

 

  仰被渡候條目之事  
一、今般秀頼公御陣触ニ付諸大名
濃州於関ヶ原関東勢与
及合戦ニ候者、元衆中代々為郷士
山中村二居住之由其地案内之事共
頼存候、尤地之利之義津田???
大谷刑部之両?津出し場所等
宜??可給候合戦勝利之度
恩賞之沙汰之義(闕字)仰被出候者也、
   慶長五年九月
    内大臣
      豊臣秀頼公(朱印)上意
         石田治部少輔三成
           執事(花押)
      山中村郷士衆中
       高木六右衛門とのへ
         喜四郎とのへ
         与左衛門尉とのへ
         又右衛門とのへ
         長十郎とのへ

 

(書き下し文)

 

   仰せ渡され候條目のこと  
ひとつ、今般秀頼公ご陣触につき諸大名、濃州関ヶ原において関東勢と合戦に及び候は、元衆中代々郷士として山中村に居住のよし、その地案内のことども頼み存じ候、もっとも地の利の義津田???大谷刑部の両?津出し場所など、宜??たもうべく候、合戦勝利のたび恩賞沙汰の義仰せ出られ候ものなり、

 

*(朱印):印文、印影ともよみとれず

 

*(花押):三成の花押ではない

 

 

読めない文字が多いので意味は通りにくいと思う。しかし、冒頭から度肝を抜かれる内容が書かれている。

 

西軍諸大名は秀頼みずからの「陣触」により動員されたというのだ。番組はそこをなぜか素通りしてしまったが…。