日本中近世史史料講読で可をとろう

ただし、当ブログは高等教育課程における日本史史料講読の単位修得を保証するものではありません

日本中近世史料を中心に濫読・少読・粗読し、各史料にはできるだけ古文書学に倣い表題をつけ
史料講読で「可」を目指す初学者レベルの歴史学徒として史料を読んでいきます

年未詳5月3日島津義弘宛浅野長政・稲葉重通連署状を読む

 

為(闕字)御意*1申入候、各在高麗奉公人下〻*2、自然*3退屈*4候而走*5候者も可有之候条、左様之族、聞付次第可有成敗候、若勾置、何角違乱之輩於有之者、可被申上候、急度可被(闕字)仰付旨、以御朱印被(闕字)仰出候、其御心得尤存候、恐惶謹言、

          浅野弾正少弼

   五月三日        長政(花押)

          稲葉兵庫頭

               重通(花押)

    羽柴薩摩侍従殿*6

         御陣所

 

                     「島津家文書之四」1751号、213~214頁

 

(書き下し文)

御意として申し入れ候、おのおの高麗にある奉公人下〻、自然退屈候て走り候者もこれあるべく候条、左様の族、聞き付け次第成敗あるべく候、もし勾え置き、なにかと違乱の輩これあるにおいては、申し上げらるべく候、急度仰せ付けらるべき旨、御朱印をもって仰せ出だされ候、その御心得もっともに存じ候、恐惶謹言、

 

(大意)

秀吉様のお考えとして申し入れます。それぞれの陣中の奉公人が戦場ですべき義務を怠り、逃亡する者も現れていることについて、こうした者がいたならば見聞き次第成敗しなさい。もし、奉公人の中であれこれという者は、上申してください。かならず成敗されるとの朱印状が出されるでしょうから、その点お含み置きください。謹んで申し上げました。

 

年未詳であるが、文禄2年ころの状況であろう。「奉公人下〻」と呼ばれる者たちが現地で多数逃亡している様子がうかがえる。また徴発に応じた者の中にも「なにかと違乱の輩」がいたようで、秀吉軍の士気は必ずしも高くなかったようだ。

*1:秀吉の意思

*2:戦闘員・非戦闘員

*3:万一

*4:すべきことをしない

*5:逃亡

*6:島津義弘

天正13年閏8月13日脇坂安治宛豊臣秀吉朱印状を読む

(折紙)

態申遣候、仍神子田半左衛門尉*1事、対主君口答、剰構臆病背置目奴原*2思召出*3候へ者、御腹立不浅候之条、高野*4をも相払候、成其意、半左衛門尉事ハ不及申、不寄妻子共一人成共於拘置者、其方共以分国中可追払候、同秀吉違御意候輩、如信長時之、少々拘候へとも、不苦空憑於許容者、旁可為曲事候、下々へも念を入、堅可申聞候者也、

    壬*5八月十三日*6(秀吉朱印)

           脇坂甚内*7とのへ

 

                たつの市立龍野歴史文化資料館「脇坂家文書集成」29号文書、31頁

 

 

(書き下し文)

 

わざわざ申し遣わし候、よって神子田半左衛門尉のこと、主君に対し口答えし、あまつさえ臆病を構え置目に背く奴原思し召し出で候へば、お腹立ち浅からず候の条、高野をもあい払い候、その意をなし、半左衛門尉のことは申すに及ばず、妻子どもによらず一人なりとも拘え置くにおいては、その方ども分国中をもって追い払うべく候、同じく秀吉御意を違え候輩、信長の時のごとく、少々拘え候へとも、苦しからずと空憑み許容するにおいては、かたがた曲事たるべく候、下々へも念を入、かたく申し聞くべく候ものなり、

 

 

 

(大意)

神子田正治は、主君に口答えし、その上臆病風に吹かれ、決まりに背く連中であることを思い出されたので、お腹立ちは大変なものですから、高野山を追放しました。その命にしたがい、正治本人はもとより、妻子など縁者を一人でもかかえ置いた場合は、そなたの分国中から追放しなさい。同様に秀吉様の御意に背く者は、信長の時代と同様に、短期間かかえ置いても大丈夫とあてにさせるようなことを認めることは曲事である。下々の者へもよくよく申し聞かせるようにしなさい。

 

  

「思召出」「御腹立」「御意」と秀吉自身に尊敬語が使われていて尊大な雰囲気が漂う文書である。

*1:神子田正治

*2:やつら

*3:「思出」の尊敬語、思い起こされる

*4:高野山

*5:

*6:天正13年

*7:安治

文禄3年7月島津氏分国検地惣奉行起請文前書案を読む

誓詞前書之事

一、義久・兵庫頭*1分領御検地惣奉行ニ被差下ニ付、私之

  依怙を存、兵庫頭之為、又者治部少輔*2殿為あしき儀

  仕候間敷候、兼又*3、傍輩*4被申所をかへりミす、万有

  様ニ可申付候事、

一、今度上方ゟ被差下候御奉行衆、誓紙をそむかれ、無

  沙汰之族在之者、少茂不見隠不聞隠、有やう之段可

  申上候事、

一、今度国元ニ居申候者共、奉行ニ被申付候頭/\小奉

  行手前/\、誓紙筆本*5を見申候て、上可申候事、

 右若偽在之者、(後欠)

 

                 「大日本古文書 島津家文書之二」1097号文書、399頁

 

(書き下し文)

誓詞前書のこと

一、義久・兵庫頭分領御検地惣奉行に差し下さるにつき、私の依怙を存じ、兵庫頭のため、または治部少輔殿のためあしき儀つかまつり候まじく候、かねてはまた、傍輩申さるところをかへりみず、よろず有様に申し付くべく候こと、

一、今度上方ゟ差し下され候御奉行衆、誓紙をそむかれ、無沙汰の族これあらば、少しも見隠さず聞き隠さず、有やうの段申し上ぐべく候こと、

一、今度国元に居り申し候者ども、奉行に申し付けられ候頭/\小奉行手前*6/\、誓紙筆本を見申し候て、上げ申すべく候こと、

 右もし偽りこれあらば、(後欠)

 

(大意)

起請文前書のこと

一、義久・義弘領国中の検地に惣奉行を派遣することについては、私的な依怙贔屓で、義弘殿のため、あるいは石田三成殿のために悪事を働かないようにします。また、傍輩の言い分に耳を貸さず、すべてあるがままに命じます。

一、このたび、上方より派遣されました御奉行衆が、この起請文の趣旨に背き、無沙汰を働いている者がいたならば、少しも隠さず、あるがままを上申します。

一、このたび領国中にいる者で検地奉行を命じられた責任者や小奉行の領分を、この起請文を確認した上で上申します。

以上、もし偽りがあったなら(後欠)

 

この文禄3年の検地は本格的だったようで50人以上が京都から派遣されている*7。「樺山紹劔自記」には薩摩の案内は樺山忠助、日向は伊地知氏、大隅は吉利氏と見える。この案内者がこの文書の「奉行に申し付けられ候頭」や「小奉行」にあたるのだろう。

 

第2条では秀吉が派遣した検地奉行が「不正」を働いたら上申するように誓っている。島津家中の検地担当者と派遣された奉行衆を互いに監視させるにしている。このように秀吉による検地はかなり大がかりかつ厳密に行われたことがわかる。

 

 

*1:義弘

*2:石田三成

*3:一方、あわせて

*4:同じ主君に仕える同役

*5:筆で書いたもの、この起請文

*6:自分の領分

*7:「薩藩旧記雑録」長谷部越前自記9月4日条

天正20年9月3日福昌寺宛寺領目録・興国寺宛町田久倍書状案を読む 勘落

<史料1>  52.寺領目録   284*1 

(義久角印)

福昌寺領目録

 一、田方五拾弐町七段三畝二歩

  分米五百廿七石三斗六合六才

 一、畠方九町五歩大豆四拾五石二斗五升

 一、山畠卅四町八畝大豆六拾石九斗六升

     田畠山畑合九拾五町八段七畝二歩

  右分米大豆六百三拾四石八斗六升

         町田出羽守

  天正廿年九月三日   久倍*2(花押)

 

 

<史料2> 53島津義久袖判町田久倍書状案   284

 

   (義久袖印)

当国寺社領事、以御下知*3令勘落候、雖然異于他条*4、寺領目録在別紙奉如先々被仰付*5候、被令寺納*6、可被専興隆*7事肝要之由*8候、恐々謹言、

  天正廿年

   九月三日        町田出羽守

     興国寺          久倍判

 

   *傍線部は割註

 

鹿児島市史は以下からダウンロード可能

http://www.city.kagoshima.lg.jp/kikakuzaisei/kikaku/seisaku-s/shise/shokai/shishi/index.html

 

(書き下し文)

当国寺社領のこと、御下知をもって勘落せしめ候、然りといえども他条に異なり、寺領(目録別紙あり)先々のごとく奉り仰せ付けられ候、寺納せしめられ、もっぱら興隆せらるべきこと肝要のよし候、恐々謹言、

 

(大意)

当島津家領国中寺社領の件、義久様の命により没収することとしました。しかしそうはいっても他の件とは異なり、寺領のことですから、以前からのしきたり通り寄進するとの仰せです。より一層島津家の繁栄を神仏に祈るようつとめなさい。謹んで申し上げました。

 

 

福昌寺、興国寺はいずれも薩摩国鹿児島郡にあった曹洞宗の寺院だったが、明治2年廃寺となった。位置は以下の通りである。

 

Fig.1 福昌寺・興国寺

f:id:x4090x:20190325195820p:plain

                 「日本歴史地名大系」鹿児島県より作成 

 島津氏、および町田氏の系図を掲げておく。

Fig.2 島津氏系図

f:id:x4090x:20190326012807p:plain

Fig.3 町田氏系図

f:id:x4090x:20190326012901p:plain

この2通は文書の最初「袖」に印が捺されている様式で、義久の権威を高めようとしたもので、主君の意思を町田久倍を通して寺社に伝える奉書形式をとっている。しかし、形式とは裏腹に内容はいったん「勘落」=没収した寺領を安堵していることがわかる。

 

秀吉から、8月14日*9社領を没収して「蔵入」=直轄地にせよと命じられた島津氏であったが、そう簡単にはいかなかったようだ。

 

史料2文中の「目録別紙あり」の「目録」は「鹿児島市史」に収載されていないが、史料1のようなものであったことは推測できる。これを見ると、島津氏による位付は「田方」「畠」「山畠」の三種類であった。

*1:番号、頁は「鹿児島市史第3巻」第3部 中世関係史料による

*2:島津家重臣 詳しくは『松元町郷土誌』第12章http://www.city.kagoshima.lg.jp/kikakuzaisei/kikaku/seisaku-s/shise/shokai/shishi/documents/201251016312.pdf

*3:義久の命

*4:ほかの件、他のこととは違い、寺領という大事なことだから

*5:「仰せ付け」の主語は島津義久

*6:寺に納入すること、そのもの、寄進

*7:盛んにする、ここでは島津家の繁栄を神仏に祈祷すること

*8:義久様はこう仰せです

*9:豊臣秀吉文書集 五」4231~4234号文書

天正15年4月2日小西見村百姓中宛帥法印歓中折紙を読む

(折紙)

観心寺*1七郷山之儀ニ付て申事在之条、旧冬双方召寄有様聞届、一柳伊豆守*2如折帋*3申付候処、只今七郷之内おにしミ村*4之者共、寺衆侮、薪苅候者共、日々ニ追立、及打擲刃傷之由、言語道断之儀候、当御代喧𠵅*5停止之処、背御法度*6、曲事不及是非次第ニ候、所詮*7、自今以後おにしミ領山之分堅相押*8、一人にても於立入者、可令成敗候、万一柴以下一本にても苅たる跡*9於在之者、右之在所へ可相懸*10候間、可成其意者也、謹言、

    天正十五             帥法印

      卯月二日             歓中(花押)

      おにしミ村

         百姓中

               

                   「大日本古文書 観心寺文書」636号、587頁

 

(書き下し文)

 

観心寺と七郷と山の儀について申すことこれあるの条、旧冬双方召し寄せありよう聞き届け、一柳伊豆守折紙のごとく申し付け候ところ、只今七郷のうち小西見村の者ども、寺衆を侮り、薪苅り候者ども、日々に追い立て、打擲・刃傷に及ぶのよし、言語道断の儀に候、当御代喧嘩停止のところ、御法度に背くといい、曲事是非に及ばざる次第に候、所詮、自今以後小西見領山の分かたくあい押し、一人にても立ち入るにおいては、成敗せしむべく候、万一柴以下一本にても苅りたる跡これあるにおいては、右の在所へあい懸るべく候あいだ、其意をなすべき者なり、謹言、

 

 

(大意)

観心寺と七郷の間に申し分がそれぞれある件について、昨年冬双方を呼び寄せ、実態を聞き確かめ、一柳直末が折紙にて命じたところ、現在七郷のうち小西見村の者どもが、寺衆を侮り、薪を刈り取る者を日ごとに追い払い、打擲・刃傷沙汰に及ぶこと、言語道断である。今は喧嘩停止の御代で、御法度に背くことになり、その上曲事をはたらくとは許しがたいことである。今後小西見村の百姓は山へ入ることを我慢しなさい。一人でも立ち入る者がいたなら、成敗するものとする。万一芝木一本たりとも刈り取る痕跡を見つけたならば、村全体の責任とするので、よくよく含んでおきなさい。

 

観心寺と七郷の位置は次の通りで、地図中の「鬼住」が「おにしミ村」にあたる。大和や紀伊の国境付近で山深い、谷沿いの郷村であった。

 

Fig. 河内国錦部郡おにしミ村ほか観心寺庄七郷略図 

f:id:x4090x:20190324180120p:plain

                    「日本歴史地名大系」大阪府より作成

この文書で注目されるのが下線部の「当御代喧𠵅停止」「御法度」の文言である。「当御代」つまり今の天皇の代において喧嘩=私戦が禁じられ、それが秀吉の定めた法=「御法度」である旨記されている。観心寺と七郷が山野の利用をめぐり「打擲刃傷」沙汰に及んでいるとあり、とくに小西見村の百姓は一柳直末らの裁定を無視していた。島津氏との合戦中に、河内国の百姓が統一政権の意思をかえりみなかったというのは興味深い。

 

また「寺衆を侮る」とあるが、浅野長政が一柳直末に宛てた書状にも「右之寺山之儀、碓井*11年寄衆、七郷之百姓共と申合、長袖*12之儀ニ候へハ、非分申懸、山内へ観心寺衆立セ不申候」(「観心寺文書」629号、581~582頁)と見え、百姓たちが僧侶をなめきっている様子がうかがえる。

 

武家や寺社のような権門が、在地の百姓の自力救済慣行を禁ずるのは容易でなかったことを物語る文書といえる。

 

*1:河内国錦部郡観心寺村、山号は檜尾山

*2:直末

*3:年未詳5月19日「観心寺文書」635号文書、586頁

*4:小西見村、のち鬼住村、河内国錦部(にしごり)郡

*5:「嘩」の異体字

*6:~であり、その上

*7:つまりは

*8:我慢する

*9:痕跡

*10:責任を負う

*11:石見川下流河内国石川郡碓井村か

*12:公家や坊主を罵る言葉