日本中近世史史料講読で可をとろう

ただし、当ブログは高等教育課程における日本史史料講読の単位修得を保証するものではありません

日本中近世史料を中心に濫読・少読・粗読し、各史料にはできるだけ古文書学に倣い表題をつけ
史料講読で「可」を目指す初学者レベルの歴史学徒として史料を読んでいきます

ファイリングされた文書「綴」 「戦死屍仕末金諸入用帳」について

古文書は形態により、折紙、竪紙、続紙などの一紙もの(「状」と呼ぶ)と竪冊(竪帳とも)、横冊(横帳とも)、横半帳などの冊子体(「冊」、「帳」などと呼ぶ)に大きく分けられる。後者の冊子体はあらかじめ冊子にしたあとで書き込むもので、当然記載に過不足が生じる。検地帳などは「丁」と「丁」のあいだに割印し、改竄を防ぐ工夫も見られる。

 

割印の例

ãæ¤å°å¸³ãã®ç»åæ¤ç´¢çµæ

文禄3年「椎堂村検地帳」

 

参照ブログ 古文書の用紙

 

また、目録作成時、以下のような項目を記入する。「形態」に注目されたい。

f:id:x4090x:20181120104503p:plain

https://www.google.co.jp/url?sa=i&source=imgres&cd=&cad=rja&uact=8&ved=2ahUKEwjV96mm7OHeAhVEwLwKHQoRB2MQjRx6BAgBEAU&url=http%3A%2F%2Fwww.pref.kanagawa.jp%2Fdocs%2Fkt7%2Fcnt%2Ff100108%2Fp10528.html&psig=AOvVaw0TyGPSWi1woFwzSzthpN_Q&ust=1542764464031587

 

一方、もともと別々に作成された一紙ものや冊子体を、あとでなんらかの目的のために一つの紐で綴じた文書もある。その場合あとから表題をつける場合もある。これを「綴」と呼ぶ。

 

今日、われわれが取捨選択してファイリングする作業と同じである。したがって、それぞれ別々の目的で作成された文書を、さらにのちの都合、目的によって取捨選択した上で二次的に作成された文書である。

 

この文書もその「綴」にあたる。

www.kahoku.co.jp

 

f:id:x4090x:20181119183237j:plain

https://photo.kahoku.co.jp/graph/2018/11/18/01_20181118_63035/003.html

 

1枚目を見ると②にあるように「覚」という表題がつけられており「一つ書き」には金額、支出先と費目が書かれているのに対して、2枚目には人数が書かれており、文書の性格が異なることがわかる。この「覚」という表題は汎用性が高いため多用されるが、そのためかえって表題だけでは内容はうかがえない。

 

この「覚」などを綴じたあとで①「戦死屍仕末金諸入用帳」としたようで、「諸入用帳」の「諸」の文字が「覚」の上に書かれているように見える*1

 

こうした「綴」はまず「一点」と数えるべきか、という問題をはらむ。同時に作成年代も「一点」なら特定年月日、もしくは「何年何月何日より何年何月何日まで」とすることも可能だが、後者の場合は連続性が前提になっており、まったく別々に作成されたものの上限と下限をそのまま「何年何月何日より何年何月何日まで」とするわけにはいかない。

 

 

*1:解像度が低いため断定できないが

天正10年6月10日溝口半左衛門尉・同久介宛柴田勝家書状を読む???

新発見勝家書状の続報である。

www.msn.com

 

全体 切紙を糊で貼り継いだ続紙

f:id:x4090x:20181117175609j:plain

 

 

f:id:x4090x:20181118003048j:plain

 

イ「五郎左」=丹羽長秀

ロ「明知」=明智光秀

ハ「上様」=織田信長

 

傍線部①には「昨日九日至越前北庄江令帰陣候」、「昨日九日、越前北庄へいたり帰陣せしめ候」とあり、天正10年6月9日に北庄まで撤退してきたことがわかる。

 

文末

f:id:x4090x:20181117175700j:plain

 

 

御朱印*1旨能〻被相談

諸城慥可被相抱*2

専一候猶木戸金左衛門尉*3

より可申越候恐〻謹言

六月十日 勝家(花押)

 溝口半左衛門尉殿

 同久介殿

    御宿所

 

(書き下し文)

御朱印の旨、よくよくあい談じられ、諸城たしかにあい抱えらるべきこと専一候、なお木戸金左衛門尉より申し越すべく候、恐〻謹言、

 

(大意)

上様の御朱印の趣旨についてよくよくご確認の上、それぞれの城の戦力維持につとめて下さい。なお、木戸金左衛門尉が口頭で申し入れます。謹んで申し上げました。

 

 

 

 

*1:平出なので信長の朱印状

*2:勢力を維持する、庇護下に置く

*3:勝家の家臣か

新発見の柴田勝家書状の注目すべき保存状態

また文書の新発見があった。

www3.nhk.or.jp

 

今回は文書の伝来と形態について述べてみたい。

 

古代・中世の文書は掛け軸などに表装されていることが多く、必ずしも原形を現在に伝えているとはいえない。骨董市場に出回る物も多くが表装されており、なかには天地をそろえるために、折紙を折り目に沿って一度裁断した上で折紙風に表装しているケースもある。

 

その場合、当然包紙などは行方がわからなくなる。しかし今回の発見は原形を留めている点でも貴重である。

 Fig.1

f:id:x4090x:20181116130445j:plain

 

右上に包紙が見える。また、勝家の書状が切封だったことも伝えている。

Fig.2

f:id:x4090x:20181116130627j:plain

 

Fig.3

f:id:x4090x:20181116132741j:plain

 

 Fig.2、3の右端に見える紐は、下から切り裂いてつくっている。

 

 

追記

この紐に墨が見えるのは、封をしたあとに宛先を書くためである。と言葉で説明してもわからないので、実際に作成された方のブログを紹介する。実にわかりやすく説明されている。

 

昔の手紙の封のしかた:きりふうすみびき。 – balicpapan

 

blogs.yahoo.co.jp

 

 

 

切封は次のように作成する。

 Fig.4

f:id:x4090x:20181116131537j:plain

                               「国史大辞典」

 

ちなみに冒頭にはこうある。

天下様子無是非次第
絶言語計候

 

(書き下し文)

天下の様子、是非なき次第、言語に絶するばかりに候、

 

(大意)

天下の状況はどうしようもなく、筆舌に尽くしがたいほどです。

 

天正13年5月4日黒田孝高宛羽柴秀吉朱印状を読む

f:id:x4090x:20181112161135j:plain

             2014年NHK大河ドラマ特別展「軍師官兵衛」展示図録、93号文書、90頁

 

 (折紙)
急度申遣候仍
長曽我部為成
敗至尓四国来
月三日此方*1出馬
渡海候成其意*2
其以前も為先
勢淡州*3へ可有
着岸候聊不可
有由段者也
 五月四日*4 秀吉(朱印)
  黒田官兵衛尉殿

 

(書き下し文)

急度申し遣わし候、よって長曽我部成敗のため四国にいたり、来月三日此方出馬・渡海候、その意をなし、それ以前も先勢として、淡州へ着岸あるべく候、いささかも由段あるべからざるものなり、

 

(大意)

必ず申し遣わします。長曽我部攻めのため四国に到着し、来月3日黒田勢我が本軍が出馬・渡海します。そのためにも、6月3日以前に淡路国へ到着しなさい。少しも油断することのないようにすること。

 

四国攻めを命じる朱印状である。

 

興味深いのは、図録の解説(215頁)にあるように、差出が「実名(ジツミョウ)+朱印」となっているところである。前後を比較してみよう*5

 

天正11年3月晦日羽柴秀長宛書状、86号、「実名+花押」

f:id:x4090x:20181112183742j:plain

 

天正11年8月28日黒田孝高宛掟書、87号文書、「官職+花押」

f:id:x4090x:20181112184210j:plain

 

天正13年5月4日、本文書、「実名+朱印」

f:id:x4090x:20181112184336j:plain

 

天正15年7月3日黒田孝高宛朱印状、97号文書、「朱印」のみ

f:id:x4090x:20181112184525j:plain

 

充所の位置も上から下へ徐々に下がっていく様子も明白で、薄礼化していく過程が見て取れる。関白叙任など政治的地位の変化にともない、文書の書式が変化する典型といえる。

 

これは孝高との関係だけでなく、その他の家臣や大名にも見られる変化である。

 

ところでドラマ「軍師官兵衛」の世界では、秀吉が「天下惣無事」と大見得を切るシーンがあり、道薫こと荒木村重が「天下惣無事など・・・」と吐き捨てる場面が印象的である。しかしこれではいかにも「惣無事令」が発布されたという誤解を招きかねない演出である。史料的に刀狩令や海賊禁止令は確認できるが、「多聞院日記」中に見える「喧嘩停止令」や「惣無事令」は未確認であり、論争中である。秀吉が「私戦」を禁じたのは事実で、それを「惣無事」と呼ぶことは問題ないが、それと「惣無事令」が存在することとは別問題である。むろん演出上、そうした設定の方が効果的なのだろうが、番組の終わりに「官兵衛紀行」という一見史実の解説のようだが、不正確な情報*6が語られることとともに、誤解や俗説を再生産している点は問題であろう。

 

 

四国攻めの概略図は次の通りである。 

 

播磨・南海道概略図

f:id:x4090x:20181112165302p:plain

*1:黒田孝高を指す秀吉軍

*2:注力する秀吉の意思を体現すること、四国を攻略するという意思

*3:淡路国

*4:天正13年

*5:以下文書番号は同図録のもの

*6:たとえば上記秀長宛書状を「勘兵衛宛」とするなど

正徳6年5月3日長井又兵衛宛木津伊之助起請文を読む?

f:id:x4090x:20181108152232j:plain

www.chunichi.co.jp

www.yomiuri.co.jp

 

(竪紙)

    敬白天罰灵*1社起請文前書

一、今度御流儀忍術御伝授忝奉存候然者御

  相伝之忍術忍器共ニ喩親子兄弟たりと

  いふ共他見他言仕間敷候尤知ぬ躰ニもてなし*2

  人ニ写させ申間敷候

一、萬川集海*3之内序正心忍宝之章*4ハ君命ハ
  不及申家老出改人見申度と御申候て懸御目
  申筈ニ御免被下候事
一、此迄持来御忍器火器之外萬川集海之外
  珍敷方便忍器火器考出シ候ハゝ御知を可申候
一、若師と不通*5之義出来申候ハゝ書写候書物返還
  可申候跡ニ而書写置申間敷候
一、萬川集海之秘術外之書へ書ましへ*6申間敷候
一、御相伝之忍術忍器為盗賊少も用間敷候但シ
  何ニよらす君命ハ各別*7之事
右之通少も相背申間敷候若少ニ而も於相背者日本国中
六十余州大小之神祇殊ニ氏神之御申付子〻孫〻
身上深厚ニ可蒙罷者也仍如件

  正徳六丙申年        木津伊之助
        六月三日       保□(花押)
     長井又兵衛様

 

 

(書き下し文)

    敬白天罰灵社起請文前書

一、このたび、御流儀忍術御伝授かたじけなく存じたてまつり候、しからば御相伝の忍術・忍器ともに、たとえ親子兄弟たりといふとも、他見・他言つかまつりまじく候、もっとも知らぬていにもてなし、人に写させ申すまじく候、

一、萬川集海の内、序・正心・忍宝の章は君命は申すに及ばず、家老・出改人見申したくと御申し候て、御目にかけ申すはずに御免下され候こと、
一、これまで持ち来たる御忍器・火器のほか、萬川集海のほか珍しき方便・忍器・火器考え出し候ハゝ、御知らせ申すべく候、
一、もし師と不通の義出来申し候ハゝ、書き写し候書物返還申すべく候、あとにて書き写し置き申すまじく候、
一、萬川集海の秘術、ほかの書へ書き交え申すまじく候、
一、御相伝の忍術・忍器、盗賊のため少しも用いまじく候、ただし何によらず君命は各別のこと、
右の通り少しもあい背き申すまじく候、もし少しにてもあい背くにおいては、日本国中六十余州大小の神祇、ことに氏神の御申し付け、子〻孫〻身上深厚に罷り蒙るべきものなり、よってくだんのごとし、

 

(大意)

     敬白天罰灵社起請文前書

一、このたび、この流儀の忍術を御伝授下さりかたじけなく存じます。さて御相伝の忍術・忍器ともに、たとえ親子兄弟とはいっても、他人に見せたり、他言することは一切しません。とくに知らぬ風を装って、他人に書き写させることはいたしません。

一、萬川集海の内、序・正心・忍宝の章は、主君はもちろん、家老・出改人が見たいとおっしゃった場合、ご覧に入れるはずとのお許しが下だされることになっています。
一、これまで伝え来た御忍器・火器のほか、萬川集海に記述のない、珍しい忍術・忍器・火器を考え出したならば、ご報告いたします。
一、もし師弟の縁を切るようなことになれば、書き写した書物をお返しいたします。あとに残るように書き写し置くことは一切いたしません。
一、萬川集海の秘術を、ほかの書物へ書き込むことはいたしません。
一、御相伝の忍術・忍器、盗みのために用いることはいたしません。ただし目的がなんであれ、主君の命令ならばこの限りではありません。
右の条々少しも背きません。もしほんの少しでも背いた場合は、日本国中六十余州大小の神祇、ことに氏神の罰を、子〻孫〻にいたるまで蒙ります。以上です。

 

 

*1:「霊」の異体字

*2:見せかける、ここでは素知らぬふりをするの意

*3:延宝4年成立の忍術書、伊賀国近江国甲賀郡に伝わる

*4:萬川集海の章立て

*5:縁を切ること

*6:交え

*7:格別