日本中近世史史料講読で可をとろう

ただし、当ブログは高等教育課程における日本史史料講読の単位修得を保証するものではありません

日本中近世史料を中心に濫読・少読・粗読し、各史料にはできるだけ古文書学に倣い表題をつけ
史料講読で「可」を目指す初学者レベルの歴史学徒として史料を読んでいきます

旧国郡と道府県 「麒麟がくる」のための地理的予備知識

2020年の大河ドラマ明智光秀が主人公と決まってから、光秀ゆかりの地がにわかに脚光を浴びるようになった。特に後半生丹波国が舞台となることから国郡と道府県*1の関係に注意が必要となる。丹波国京都府兵庫県に分割されているので、現行の行政区分で考えるのは混乱のもとになりかねない。さらに不幸なことに光秀の居城、丹波亀山が明治期に伊勢亀山と誤解されないように「亀岡」と改称されていることから、逆に伊勢亀山へファンが押しかけるという懸念も払拭できない。実際滋賀県草津市に、群馬県草津温泉があると誤解し、温泉目当ての観光客が訪れることも珍しくないと聞く。

丹波国の分割事情を御覧いただこう。

Fig.1 丹波国京都府兵庫県への分割編入概念図

f:id:x4090x:20191008233925p:plain

                    『国史大辞典』「丹波国」より作成

おおむね緑の線に沿って大きく二分割されたことがわかる。2019年10月現在の行政区分は以下の通りである。京都府に「京丹波町」があり「南丹市」もある。一方の兵庫県側は「丹波市」、「丹波篠山市」とあり、とりわけ兵庫県篠山市が2019年5月「丹波篠山市」と改称したことは記憶に新しい。それだけ「丹波国」を冠することにネームバリューがあることを物語っている。

 

Fig.2 丹波国兵庫県京都府自治

f:id:x4090x:20191011214959j:plain

https://cdn.amebaowndme.com/madrid-prd/madrid-web/images/sites/460690/c8eeb2504ed64255603311e51fb23f75_863d43f2cc073bd696bbf91610d4426b.jpg?width=1600

 

ところで「郡」という単位は明治10年代から郡役所が置かれたものの大正期に廃止されてから行政単位、戦後の自治体としては存在しないが、教科書の採択や運動部の予選の単位として市町村のゆるやかな連合体のように機能している場合もある。市町村の合併につぐ合併で郡部は姿を消しつつあるが、地下水脈のように郡としてのまとまりは無視できないものがある。

 

その一方、1府3県に分割された郡もある。下総国葛飾郡である。

 

Fig.3 下総国葛飾郡の1府3県への分割

f:id:x4090x:20191008235604p:plain

                    『国史大辞典』「下総国」より作成

まず道府県は当初流動的でしばしば変更されており、一概に言えないがおおむね東京府南葛飾郡、千葉県東葛飾郡、埼玉県北葛飾郡中葛飾郡(のち中葛飾郡北葛飾郡編入)、そして茨城県西葛飾郡に分割され、今日に至っている。

 

現在の47都道府県が確定したのは1972年の沖縄県復帰以後なので、たかだか半世紀弱の歴史を持つに過ぎない。行政区分を絶対的・固定的に捉えると足をすくわれることがある。また各種調査が行政単位で集計されていることで、その枠組みを自明視してしまい、地域の実態をかえって見にくくする点も注意する必要がある。

*1:東京府東京市が発展的に解消して東京都となる1943年より以前の事情を説明するので「道府県」とする

天正10年3月26日羽柴秀長宛羽柴秀吉判物「掟」

秀吉発給の文書がまた発見された。「豊臣秀吉文書集 一」は天正11年までを範囲とするが掲載されていない未発見の、しかも原本である。原本は写と異なり書き写す段階での誤写*1がない上、料紙は何が使われているかなども検討できる点で、史料としてもっとも精度が高く、かつ与えてくれる情報量が多い点で写の比ではない。「写がすでに知られているから、原本発見にそれほど意味はない」という妄言を披露する方もごく一部に見られるが、写のなかには文書を偽造するにあたって、朱印や花押を偽造できない場合に「家康御判」(「家康(花押)」のつもり)と写の形で文書を偽造するケースもあるので、原本を写したものか、架空の文書をでっち上げたかという問題が解決する場合もある。原本が歴史学において重視される所以をわざわざ述べたのはそうした事情による。

 

発見を伝えた記事を掲載しておこう。

www.sanyonews.jp

写真を拡大したものがこちらである。

f:id:x4090x:20191009180545p:plain

https://www.sanyonews.jp/photo/detail/946653?pid=2000567

 

    掟

一、ほとり*2并路次すから*3において

  乱妨狼藉地下人ニたいし不謂

  儀申懸族一銭*4きり*5たるへき叓*6

一、味方地之内おし買*7放火抔*8

  せいはい*9すへき事、

一、ぬか*10苅さうし*11以下ハてい者*12

  あいことわり*13もらふ*14へき事、

    以上

   天正拾年三月廿六日    秀吉(花押)

     小一郎*15とのへ

 

(書き下し文)

    掟

一、ほとりならびに路次すがらにおいて、乱妨狼藉、地下人に対し謂われざる儀申し懸くる族、一銭斬りたるべきこと、

一、味方の地のうち押し買い・放火など堅く成敗すべきこと、

一、糠苅り、雑仕以下は亭者(亭主)にあいことわり、もらうべきこと

      以上

 

(大意)

 

   掟

ひとつ、付近や道すがらで地下人に対して乱妨狼藉をはたらいたり、謂われのない言いがかりをつけてくる者は、斬り殺しなさい。

ひとつ、味方の地(羽柴勢力圏)において押買いや放火はきびしく罰しなさい。

ひとつ、糠を刈り取ったり、雑用をさせる場合は亭主に断ってからさせなさい。

 以上

 秀吉は天正10年3月に備前、美作において、(1)自軍軍勢の乱妨狼藉の禁止、(2)放火や陣取りの禁止、(3)刈田狼藉の禁止の3条と「付けたり」として地下人に対して言いがかりをつけることの禁止からなる禁制を郷村や寺社、荘園宛に発給している*16

 

こうした禁制は郷村や寺社などが制札銭と呼ばれる対価を支払って獲得するお墨付きで、戦国期によく見られる文書である。禁制の発給は「筑前守 秀吉(花押)」だが、ここでは筑前守を名乗っていない。

発給者が官職を名乗らず、受給人が羽柴秀長であることを考えると、禁制とこの「掟」は密接に関わるものの、個別に発給する禁制に対し、勢力下全体にこうした方針を徹底させる「公的文書」と「私信」のあいだに位置づけられる文書と考えるべきかもしれない。

 

*1:誤写は書き写すさいに写し間違えたり、読み損ねることで別の字を書いてしまう「改竄」の可能性を排除できない。さらに「善意」から直してしまい、さらにその「善意」の解釈が誤っている場合もありうる。ただし原本に誤字脱字がないということを意味しない点は留意されたい

*2:付近

*3:道すがら

*4:銭の単位で「文」と同じ、1銭=1文

*5:斬り

*6:「事」の異体字

*7:押買い、法外な安値で強引に買い取ること

*8:「等」の異体字

*9:成敗

*10:

*11:雑仕、身の回りの雑用

*12:亭者、「亭主」の誤記カ

*13:断り

*14:貰う

*15:羽柴秀長

*16:「一、387~400号、121~124頁」

天正2年6月6日平方名主百性中宛羽柴秀吉判物

当郷家並*1ニ、明後日八日ニ、今はま*2ふしん*3ニ、すき*4・くわ*5并もつこう*6持候て、諸奉公人出家商人たりといふ共、一人も不残可罷出候、若於油断*7者、急可申付者也、

                     藤吉郎

   六月六日*8                秀吉(花押)

   平方

    名主百性中

                               「一、88号、30頁」

(書き下し文)

当郷家なみに、明後日八日に、今浜普請に、鋤・鍬ならびに持籠持ち候て、諸奉公人・出家・商人たりというとも、一人も残らず罷り出ずべく候、もし油断においては、きっと申し付くべきものなり、

 

(大意)

平方郷の者は家一軒につき一人、明後日8日今浜普請のため、鍬、鋤および持籠を持参し、奉公人・出家・商人の身分・職分に限らず全員残らず徴発する。もし出頭しなかった者がいれば、きびしく追及する。

 

 

Fig.1 今浜(長浜)周辺郷村図

f:id:x4090x:20191005215430p:plain

                   「日本歴史地名大系」滋賀県より作成

Fig.2 畚、持籠

f:id:x4090x:20191005215553j:plain

          左「新選漢和辞典WEB版」右「コトバンク」より作成

 

「者也」という書止文言に、城主となった秀吉の自信を見るのは読み込みすぎだろうか。これは近江今浜、のち秀吉により「長浜」と改められた*9今浜城普請に、人夫を駆り出す触である。ほかに6月8日「下八木地下中」宛(89号)、7月16日「唐川・布施・高田百姓中」宛(90号)が残されている。とくに89号、90号では「出家侍奉公人ニよらす」、「出家侍たり共」と「侍」「奉公人」が見え、「商人」が見えなくなる。また「出家」と「侍」の順序が逆転している。たった3通の文書で政策の変更を云々することはできないものの、「侍」「奉公人」が人足として、つまり非戦闘員として動員されている点は見逃せない。しかも同じ郷村に居住していることが大前提となっている。

 

いわゆる「兵農分離*10は、(1)軍役を負担する「兵」身分と人夫役などを負担する「農」身分の分離、(2)城下町に集住する武士身分と村に居住する百姓身分の居住の分離の二側面を一体として捉える概念として提唱された。ところがこれらの文書は上記の条件をいずれもみたしていない。

 

したがって天正2年の今浜城主となった秀吉に兵農分離を政策基調とする兆候は見られない。もちろん築城を急がせたという特殊な事情を差し引いて考慮すべきだが、それでもかりに「兵農分離」を目指していたとするなら、それに相反する政策を一時的とはいえ実行するだろうか。

 

また、諸道具が自弁であることも重要である。小田原北条氏でも同様の徴発が行われている。ただ賃金が支払われている点で異なる。

*1:一軒あたり、軒割で。某放送局の受信料はこの基準を採用しているという意味で中世的と言える

*2:近江国長浜、図1参照

*3:普請

*4:

*5:

*6:畚、持籠:土砂などを運ぶ袋状の運搬具、図2参照

*7:怠ること、等閑にすること

*8:天正2年

*9:戦国期、新たに獲得した土地に佳名を宛てることが珍しくなかった。現在の地名表記変更とは目的が異なるが、「浜松」「松山」などのように「松」が付く、いかにもめでたい地名はおおむね戦国織豊期に変更されたものが多い。また黒田孝高のように大名鉢植え化により、筑前博多を本貫の地「備前国邑久郡福岡」から「福岡」とした例もある。明治の町村合併においても「富」「豊」などの文字をあてる、歴史的経緯を無視した町村名が氾濫した。地名を考察する際は、古代以来何度も変更を重ねていることを踏まえねばならない

*10:近年は塚本学氏の提言により「士農分離」と呼ぶことが多い。「兵」は武士身分ではなく「侍」「若党」と呼ばれる「奉公人」身分に属していたためである。大名行列では各大名は華美を競うようになり、頭数を増やすため百姓を雇うことすらあった。寛永武家諸法度では「従者ノ員数近来甚ダ多シ、且ハ国郡ノ費、且ハ人民ノ労ナリ」と戒めているくらいである

天正2年3月26日三田村郷名主百姓中宛羽柴秀吉判物

  

野村*1三田村郷*2*3水之申事*4、双方証文無之候条、急度不申付候、両郷之内何々一方、可為非分之申候間、後々聞届候共、則可令成敗候、然者従当作干水*5之刻者、三田村三日、野村へ一日、追日番水*6ニ可被申付候、右旨於相背者可為曲事之状如件、

  天正弐           藤吉郎

   三月廿六日          秀吉(花押)

   三田村郷

      名主

       百姓中*7

 

                       「一、85号、29~30頁」「雨森文書」

 

(書き下し文)

 野村三田村郷井水の申しごと、双方証文これなく候の条、きっと申し付けず候、両郷のうち何々一方、非分たるべくの申し候あいだ、後々聞き届け候とも、すなわち成敗せしむべく候、しからば当作より干水のきざみは、三田村へ三日、野村へ一日、追日番水に申し付けらるべく候、右の旨あい背くにおいては曲事たるべくの状くだんのごとし、

(大意)

 野村と三田村郷の用水相論についての主張は、証文など確実な証拠がないため間違いなく裁定することはできない。両郷のうち一方に非があることが後日露見したときはその郷を成敗する。さて今年の作付けより干害の場合は、三田村へ3日、野村へ1日、日に日に番水とする。この決定に背く者は処罰する。以上。

 

 Fig1. 近江国浅井郡野村・三田村郷周辺図

f:id:x4090x:20190925190523p:plain

                   「日本歴史地名大系」滋賀県より作成

Fig.2 近江国浅井郡および秀吉領周辺図

秀吉は近江国内のうち浅井、伊香、坂田三郡を充て行われている。

f:id:x4090x:20190926192122p:plain

                    『国史大辞典』「近江国」より作成

三田村郷と野村のあいだで争われた水論に関して秀吉が下した裁定である。まず、用水慣行を記した文書がないので黒白はつけられないとし、今年また干害に見舞われることがあれば三田村郷へ3日、野村へ1日ごとに水を引くことと新たに命じている。

 

また充所の

「三田村郷

      名主

       百姓中」

も気になるところである。名主百姓なのか、名主と百姓なのか、少なくとも写真を見る必要はあるが、当ブログでは「名主」と一段低い地位にある「百姓」に宛てたと解釈したい。

*1:近江国浅井郡、上図参照

*2:同上

*3:川から人工的に水を引き入れた用水路

*4:モウシゴト:主張、言い分

*5:旱水、旱魃の意

*6:順番に水を引く村を決める用水慣行

*7:タイトルでは「名主百姓中宛」としたが、「名主・百姓中宛」の可能性も大きい。こういう点で翻刻史料集のみによる解釈がいかに危ういものか、思い知らされる。

天正2年3月22日羽柴秀吉在所掟之事写

    在所掟之事

一、当所不寄誰々身上*1、雖為地下人之内、出家侍百姓、曲事於申族在之者、惣在所衆押よせ、可及生害候、但親子兄弟なりとも、贔屓偏頗*2仕間敷事、

一、とう人*3の事、其仁*4生害不及申候、並くせ物*5*6仕候ハヾ、とう人可為同前事、

一、惣在所之内、誰々身上なりといふ共、何方よりも無理の儀被申懸候ハヾ、惣地下人指より*7可相理*8事、

  天正弐年

   三月廿二日   (差出人、充所ともに欠く)

                         「一、84号、29頁」「雨森文書」

(書き下し文)

    在所掟のこと

一、当所誰々身上によらず、地下人のうちたりといえども、出家・侍・百姓、曲事申すやからこれあるにおいては、惣在所衆押し寄せ、生害におよぶべく候、ただし親子兄弟なりとも、贔屓偏頗つかまつるまじきこと、

一、盗人のこと、その仁生害申すに及ばず候、ならびに曲者なだめつかまつりそうらわば、盗人同前たるべきこと、

一、惣在所のうち、誰々身上なりというとも、何方よりも無理の儀申し懸けられそうらわば、惣地下人指よりあいことわるべきこと、

 

(大意)

   在所の掟

一、当在所において、誰であるかにかかわらず、地下人の身分にある者でも、出家・侍・百姓のうちよからぬことをしでかした場合、「惣在所衆」で押しかけ、殺してしまいなさい。たとえ親子兄弟であっても依怙贔屓のないようにしなさい。

一、盗みの場合は、その者を殺害するには及ばない。ただし曲者を見逃した場合は盗人と同罪とする。

一、在所全員のうち、誰であっても、どこからか無理を申し懸けられている者がいたら、地下人全員がその場へ出向き、理非を判断しなさい。

 

 

 前回の文書では「在々所々」、本文書では「在所」となっている。これは表記ゆれではなく、複数形と単数形を使い分けていると解するのが妥当と思われる。名称は「庄」であったり、「郷」であったり、「村」であったりと多様ではあるものの、実態としてもっとも基本的な共同体を「在所」と呼び、「惣在所」つまり「在所」の構成員全員(住人全体ではない)の連帯責任としていると読めるからである。

 

ただ「惣在所衆」と「惣地下人」と見えるが、前者が「長(おとな)百姓」などの有力名主層、地下人が一般百姓を指すのかこの文書だけでは判断できない。

 

「盗人は殺すな」と命じている点で、自検断の際限なき拡大に歯止めをかける一方で、「曲事を申すやから」は出家、侍、百姓に関わらず殺せとそれを認めている。この「曲事」がどのような行為を指すのかは不明だが、盗みより重罪とされていたことだけは間違いなかろう*9

 

在所は「出家、侍、百姓」などの様々な身分の者が住む場所であると認識していたこともわかる。

 

第3条は、当事者主義でなく「地下人」総出で理非を判断せよと「在所」による裁定を命じている。これは自検断そのものを認める点で、のちの豊臣政権の方針とは異なるものの、当事者同士による「決着」が「在所」の紛争を生み、織田政権による在地支配秩序を乱す芽をあらかじめ摘んでおく意図があったと思われる。

*1:地位、身分。「誰々」はその主人に当たるものか

*2:贔屓・偏頗ともに不公平であるさま

*3:盗人

*4:盗人のこと

*5:曲者

*6:大目に見る

*7:その場へ行くこと

*8:是非を判断する、裁定する

*9:罪の軽重は時代や文化などに制約されるので安易な類推は慎むべきである