日本史史料を読むブログ 

日本中近世史史料講読で可をとろう

日本中近世史料を中心に濫読・少読・粗読し、各史料にはできるだけ古文書学に倣い表題をつけ
史料講読で「可」を目指す初学者レベルの歴史学徒として史料を読んでいきます

文禄5年3月1日石田三成九ヶ条村掟を読む その6

 

 

一、何事ニよらす百姓めいわき*1の事候ハヽ、めやす*2ニてそうしや*3なしにそせう*4可申候、又所此申とてすちなき*5事を申たき*6まゝニ申候ハヽきうめい*7のうへけつく*8其身曲事たるへき間、かねてよく下ニてせんさく*9せしめ可申上事、

 

一、定夫の外ニも、地下中又ハ郷となり*10ありき*11なとにハ給人につかわれ可申候、

 

 

(書き下し文)

ひとつ、何事によらず百姓めいわきのことそうらわば、目安にて奏者なしに訴訟申すべく候、またこの申すところとて筋なきことを申したきままに申しそうらわば、糺明の上結句その身曲事たるべきあいだ、かねてよく下にて穿鑿せしめ申し上ぐべきこと、

 

ひとつ、定夫のほかにも、地下中または郷隣ありきなどには給人につかわれ申すべく候、

 

(大意)

ひとつ、どのような問題にも関わらず、百姓が迷惑するようなことがあれば、奏者を経ることなく直接訴え出なさい。またこのさいに上申した点で筋違いのことを言いたい放題申したならば、真偽を糺した上でむしろその者を罪科とするので、あらかじめ在地にて調べた上で上申しなさい。

 

 ひとつ、定められた夫役のほか、村内や隣郷へのありきなどには、給人に使役されなさい。

 

 

 

 

ここでは、直目安を奨励している。徳川家康にもこの直目安の方針は継承される。地頭や給人が百姓を「私的に」使役するようなことが頻繁に起こっていたのだろう。一地一作人の原則は年貢、つまり現物納での一元化をめざしていたのに対して、この直目安制度は「不当な」あるいは「私的な」労役などを含めて禁じたものである。

 

また村々の百姓へ触れ知らせる「ありき」としての人夫役は「公的」性格を持つので、給人の命じたとおりつとめることを命じている。

 

 

*1:迷惑

*2:目安

*3:奏者

*4:訴訟、上申する意

*5:筋なき

*6:

*7:糺明

*8:結句、かえって・むしろ・その上

*9:穿鑿

*10:

*11:触など村々に知らせる人夫役

文禄5年3月1日石田三成九ヶ条村掟を読む その5

 

 

一、出作之儀にいたつて*1、他郷よりあげ*2候儀も無用たるべし、又他郷のをあげ*3候儀も、たかいにちやうし*4の事、

 

(書き下し文)

ひとつ、出作の儀に至っては、他郷より上げ候儀も無用たるべし、また他郷のを上げ候儀も、互いに停止のこと、

 

 

(大意)

ひとつ、出作自体について、他郷より引き上げる必要はない。また他郷から入作している者の耕地を取り上げることもやめなさい。

 

 

 

 

在地レベルや給人レベルで、出入作を解消しようとする動きでもあったのだろうか、互いにやめるよう命じている。

 

そうした交換分合などをおこなうより、現状のまま耕作させ、荒廃させることを避けさせたのだろうか。

 

 

 

*1:強調表現

*2:引き上げる

*3:取り上げる

*4:停止

文禄5年3月1日石田三成九ヶ条村掟を読む その4の補足

 

第1条とこの第4条を比較すると表記ゆれが見られるので、補足しておきたい。

japanesehistorybasedonarchives.hatenablog.com

ふたたび引用する。

 

右用立たざるを引き、この三十軒としてつめ夫二人あいつめ申すべく候、この外かって出すべからす、この村へ他郷より出作分または地下に田作り候て、夫つかまつらざる者よりいたす夫米は、右の二人の詰夫の入用につかまつるべく候、出作分多く候て夫米余り候はば、地下の徳用たるべしなり、

 

 

また4条は以下の通り。

 

 

自然この村へ入作多く候て、夫米・詰夫の雑用に余しそうらわば、この地下の徳用に致すべきなり、またこの地下のうちに田畠作り候て、その身夫に出で候ことならぬ者あらば、夫米出作並みたるべきこと、

 

 

1条の「出作」が4条では「入作」と表現されているが、1条の「他郷より出作分」とあるので、これが4条の「入作」と同じ現象をあらわしていると解釈すべきであろう。

 

そう解釈すれば、1条の下線部「出作分多く候て夫米余り候はば、地下の徳用たるべし」が、4条の下線部「この村へ入作多く候て、夫米・詰夫の雑用に余しそうらわば、この地下の徳用に致すべきなり」と同義であると整合的に理解できる。

 

さらに「雑用」が「詰夫」=千石夫を賄う諸経費=「入用」であることも明らかになる。その剰余分は「地下の徳用」、近世でいうところの村入用にあてられたようである。ある意味、村入用の存在を「公的に」認めさせたともいえる記述である。

 

この掟書にはたんに一方的に命じたとは言いがたい、在地の実態が何らかの形で反映されたと思われる記載が認められる。

文禄5年3月1日石田三成九ヶ条村掟を読む その4

 

 

一、此村之田よのむら*1よりつくり候ハヽ、壱石ニ弐升の夫米取可申候、当郷よりよの村の田つくり候ハヽ、壱石に弐升ツ*2つかハすべし、又我等蔵入之田*3を当村より作り候ハヽ、壱石ニ壱升ツヽ遣し可申候、しぜん*4このむらへ入作*5おほく候て、夫米詰夫のざうようにあまし候ハヽ、此地下*6のとくようにいたすへき也、又此地下の内ニ田はたつくり候て、其身夫*7に出候事ならぬものあらば、夫米出作*8なミたるべき事、

 

 

(書き下し文)

ひとつ、この村の田、余の村より作りそうらわば、一石に二升の夫米取り申すべく候、当郷より余の村の田作りそうらわば、一石に二升ずつ遣わすべし、またわれら蔵入の田を当村より作りそうらわば、一石に一升ずつ遣わし申すべく候、自然この村へ入作多く候て、夫米・詰夫の雑用に余しそうらわば、この地下の徳用に致すべきなり、またこの地下のうちに田畠作り候て、その身夫に出で候ことならぬ者あらば、夫米出作並みたるべきこと、

 

 

(大意)

ひとつ、当村の田を、他村より入作に来ている場合は1石あたり2升の夫米を徴収しなさい。当村より他村の田を耕作しに出ている場合は1石あたり2升を差し出しなさい。また、蔵入地に当村より出作に出ている場合、1石あたり1升差し出しなさい。万一、当村への入作が多く、夫米・千石夫などの諸経費を差し引いても余りが出たさいは村の取り分としなさい。また当村へ入作している者のなかで夫役を勤められぬ者は、夫米を出作並みとしなさい。

 

  

 

 

   f:id:x4090x:20180717133022j:plain

 

 

第四条では出入作にともなう夫米の取り扱い方を指示している。他村より当村の田畑を耕作する者からは、1石あたり2升の夫米を村が徴収すべしと、当村より他村に耕作しに出ている場合は、耕作先の村へやはり1石あたり2升の夫米を差し出しなさいと命じている。

 

ただし、石田三成の蔵入地に出作する場合の比率は1石あたり1升差し出しなさいとする。給人の領地とことなり、蔵入地の場合は負担が軽かった。

 

入作、つまり他村より当村へ耕作しに来る者が多い場合は、徴収する夫米が多くなり、それが余った場合村の取り分としてよい、としている。この夫米だが、まるまる村に残されるわけでないことは「夫米詰夫のざうようにあまし候ハヽ」より容易に推察できる。

 

 

当村へ耕作しに来る者の中で夫役を勤められない場合、代わりに差し出す夫米を出作扱い、つまり村へ1石あたり2升としなさい、としている。「其身」とあるように、身体はひとつであり、あちらこちらの村々で耕作しているからといって、夫役をすべて果たすことは不可能である。第四条の前半部分で、入作・出作に関わらず、夫米を1石あたり2升としているので、ここの規定は蔵入地からの入作の場合と考えるのが妥当であろう。

 

 

*1:余の村、他村

*2:「ヽ」脱カ

*3:「我等」とあることと秀吉の蔵入地なら「御蔵入」とするはずなので、ここでは石田三成の蔵入地=直轄地を意味する。ここからこの掟書が下された村々が三成の直轄地でなく、給人に与えられた領地であると判断できる

*4:自然、万一の意

*5:他村に住み、この村の田地を耕作する者

*6:この村

*7:夫役

*8:入作の対義語、当村より他村の田畑を耕作する者

文禄5年3月1日石田三成九ヶ条村掟を読む その3

 

 

一、此村定夫*1之事、今度家をつけ夫役仕候者書ぬき、如此つめ夫*2さだめ候、此外給人申しとて出し候ハヽ、百姓もくせ事、又きうの人*3もくせ事ニ候間、きゝ付次第百姓之儀ハ申におよハす、きう人其人により、それ/\にくせ事ニいたすへき事、

 

 

(書き下し文)

ひとつ、この村定夫のこと、今度家を付け夫役つかまつり候者書き抜き、かくのごとく詰夫定め候、このほか給人申しとて出しそうらわば、百姓も曲事、又きうの人も曲事に候あいだ、聞き付け次第百姓の儀は申すにおよばす、給人その人により、それぞれに曲事に致すべきこと、

 

 

(大意)

ひとつ、この村の千石夫について、この度家を指定し、夫役を勤めるべき者を帳面に記し、以上の通り定めたところである。この定めた夫役のほかに、給人が命じたからといって夫役を出したならば、百姓も給人も罪科とするので、聞き及び次第、百姓はもちろん給人や夫役を命じた者もそれぞれの罪を問うこと。

 

 

 

この掟書の冒頭にて「用に立つ」者とそうでない者*4を分けて軒数を書き出しており、そのことを指している。

 

下線部では定められた夫役以外に、給人が手作り地などで使役する労役を徴発することを禁じ、背いた場合、命じた給人はもちろん、応じた百姓も罪科とすると定めている。つまり、実際は給人たちが百姓を「私的」に使役していたのであろう。

 

 

*1:ふつうは「ありき」と読み、村民に触などを知らせる人夫のことを指すが、ここでは定められた夫役

*2:詰夫、千石夫のこと

*3:給人

*4:「後家」「やもめ」「奉公人」など 

参照 「役に立つ」 石田三成九ヶ条村掟を読む その1 - 日本史史料を読むブログ