日本中近世史史料講読で可をとろう

ただし、当ブログは高等教育課程における日本史史料講読の単位修得を保証するものではありません

日本中近世史料を中心に濫読・少読・粗読し、各史料にはできるだけ古文書学に倣い表題をつけ
史料講読で「可」を目指す初学者レベルの古文書オタ、いえ歴史学徒として史料を読んでいきます

武田信玄の愛読書「人国記」より「播磨国国民性」を読む

    播磨

 当国の風俗は、智恵ありて義理を知らず。親は子を誑(だま)し、子は親を欺き、主は被官に領地を少なく出だして、好き人を掘り出し度とこころざし、被官も亦忠勤を二段にして、調儀を以て、所知を得ることを計るこれ偏に盗賊の振廻(ふるまい)、侍は中々是非に及ばざる風義*1なりとぞ。

 按ずるに、当国は南に江海を受け、山を負ひて、上々の風土なり。寒暑温和にして、万事富有の国なり。民俗本書に説く所のごとくなるは、風土の順気*2を受くるといへども、憂患に生きて、安楽に死するの道理*3にて、その心に躰忍する事なき故なり。実に古昔の武士にも、赤松党が如き、皆利心より出でて、本書のいはゆる是非に及ばざると云ふ者なるべし。

          『人国記・新人国記』岩波文庫版、215頁

 

ひどい言われようである。親子、主従ともに互いを騙しあう、盗賊のような国民であるとする。その理由は山と海に挟まれ、温和な気候で、豊かな国であるから、と考察する。最終的には「是非に及ばざる風儀」、つまり「救いようのない風潮」であると断じている。

 

このようなものを武田信玄が愛読していたと伝えられているが、甲斐国も「頑固で物わかりの悪い」、「その善一にその悪十なり」、つまり長所の10倍短所があると悪し様に書かれている。

 

*1:風潮

*2:順当な気候

*3:孟子」に見える語。心配なときは自らを律するから、その命を全うできるが、安楽の時はかえって、その心がけを怠るから、死を招くという意

天正18年7月19日小貫頼久宛嶋清興書状(部分)を読む???

 旧聞に属するが、嶋左近の書状を読んでみたい。

 

www.shikoku-np.co.jp

 

f:id:x4090x:20180916011233p:plain

 

(折紙)

(折封ウハ書)

「小大蔵*1殿 御陣所」

 

(前略)

申候て見可申と被申候を

先可被仰出是も御分

前次第□(候)先々家中へハ

用意之儀急度被申越

候て可然と申候よし然者更ニ

昨夕御触以後夜中

より其まゝ被申越との

よし召使被進之候共

御存分被仰聞候て可被成

御尤候恐々謹言

 七月十九□(日)     清興

 

(書き下し文)

申し候て、見申すべくと申され候をまず仰せ出ださるべくこれも御分前次第候、先々家中へは用意の儀急度申し越され候てしかるべきと申し候よし、しからばさらに昨夕御触以後夜中よりそのまま申し越さるとのよし、召使これを進められ候とも、御存分仰せ聞けられ候て成らるべく、ごもっともに候、恐々謹言、

 

 

 

意味はさっぱり分からない。

*1:小貫大蔵丞頼久

ジビエとしてのカワウソ

小動物として大人気のカワウソだが中近世では食用とされていたらしい。

永禄11年2月10日『大日本古文書 益田家文書之二』344号文書には次のように見える。

 

於藝州吉田御一献之御手組

  初献

御引渡

 御湯漬

しほひき*1  ふくめたい*2 かいあわび*3

 さかひて*4

かうの物*5 はむ*6 かまほこ*7

  二

すし*8 きし*9

 にし*10  御しる*11 あつめに*12 ひしき*13

 いか*14 さけ*15

  三

かとのこ*16

  このわた*17  御しる*18 かん*19 川おそ*20

  くらけ*21

 (中略)

一、元就様へ御樽 馬樽廿、御肴十合 右之肴の外也、

 (後略)

 

https://clioimg.hi.u-tokyo.ac.jp/viewer/view/idata/850/8500/05/2202/0021?m=all&s=0020&n=20

 

 

益田藤兼・元祥が毛利元就をもてなしたさいの献立である。「三」に「羹」と「獺」の汁物が提供されていることがわかる。

*1:塩引

*2:覆面鯛

*3:貝鮑

*4:酒浸

*5:香の物

*6:

*7:蒲鉾

*8:

*9:

*10:

*11:

*12:集煮

*13:ヒジキ

*14:烏賊

*15:

*16:鰊子

*17:海鼠腸

*18:

*19:

*20:

*21:海月

参勤交代と「一所懸命」

「一所懸命」とは文字通り「一所」=土地を守るために、命を懸けることを意味する。

 

主君から土地を与えられることを「御恩」といい、それに対して主君の命にしたがうことを「奉公」という。この双務的関係を西洋史にならって「封建制」という。これは郡県制の対義語としての「封建制」と似ているので厄介である。

 

 

しかのみならず、「古臭い」「家父長的な」「時代錯誤の」現象を「封建的」と呼んでいた時期もあった。いまなら「昭和的」と形容するだろうか。

 

 

さて、御恩と奉公で想起するのは「いざ鎌倉」だろう。主君の一大事に鎌倉に馳せ参じるわけであるが、近世でこれに相当するのが参勤交代である。参勤交代は「奉公」なのだ。

文久元年9月16日幕領村々名主中宛皇女和宮下向につき触書写を読む 「写」の構造

 

前々回読んでみた文書は写であるが、二重の写である可能性が高い。写真が「部分」なので断定はできないものの、どの部分が「本体」で、どの部分が書き加えられたものか、少々考えてみたい。

 

japanesehistorybasedonarchives.hatenablog.com

 

f:id:x4090x:20180904153021j:plain

 

まず「本体」にあたる原文は青線で囲った部分であろう。その根拠は青線①「御領は」と②「私領は」とあるのに対して、赤線で囲った部分は青線③「御領分」とだけある点だ。緑で囲った部分に「御代官四人様」とあるのと呼応する。

 

つまり、青枠部分が「公儀より仰せ出された」触書で、赤線①の「右の通り」は「以上が触書の趣旨である」という意味で、赤線②「右の通り」は「右の通り公儀よりの触書を写した」という意味になるわけだ。

 

緑枠部分は幕領代官4名の署名捺印があったということで「御印」と略記されている。原本には当然4名の名前も書かれていただろうが、隣村へ触書を回さねばならないので村名ともに省略したのだろう。

 

つまり、公儀より出された触書の原文(本文と日付に限るが)は青枠部分、幕領代官から村々に出されたのが赤枠部分と発給者、受給者、それを書き写して手許に残ったのが本文書全体という構図になる。