日本史史料を読むブログ 

日本中近世史史料講読で可をとろう

慶長11年9月23日甲賀郡和田村・五反田村惣百姓中宛米津正勝・板倉勝重・大久保長安連署山論裁許状を読む

次のような記事が掲載された。

www.sankei.com

https://mainichi.jp/articles/20180302/ddl/k24/040/201000c

 

上記記事の写真右下部分はおそらく、慶長11年9月23日甲賀郡和田村・五反田村惣百姓中宛米津正勝・板倉勝重大久保長安連署山論裁許状と思われる。おそらく一連の文書が、まとめて表装されているのだろう。

 

f:id:x4090x:20180304162007j:plain

 

 『三重県史資料編近世1』574頁所収の141号文書と思われるので、ここに書き出してみる。

 

  以上

伊賀国上柘植村与甲賀郡之内和田・五反田両村与山之出入之事各聞届候、先年両国之侍衆拾人宛出合、以相談判状仕候上者、如前々和田・五反田村ゟ山手米上柘植村へ納候而山江入可申候、仍如件、

         大石見守(印)

  慶長拾壱年  板伊賀守(印)

   九月廿三日 米津清右衛門尉(印)

   甲賀郡

      和田村

           惣百姓中

      五反田村

 

(書き下し文)

 

伊賀国上柘植村と甲賀郡のうち和田・五反田両村と山の出入のこと、おのおの聞き届け候、先年両国の侍衆十人ずつ出合い、相談をもって判状つかまつり候うえは、前々のごとく和田・五反田村より山手米、上柘植村へ納め候て山へ入り申すべく候、よってくだんのごとし、以上

 

(大意)

伊賀国上柘植村と近江国甲賀郡和田・五反田両村が山について相論していることについて、それぞれの主張を聞き、天正元年伊賀・甲賀の「奉行」と呼ばれる有力土豪が十人ずつ出し、相談をもって連署状を作成したのだから、従来のとおり和田・五反田村から山手米を、上柘植村へ納めて入山するようにしなさい。裁許は以上の通りである。

 

 

三村の位置関係は以下の通り。(「日本歴史地名大系」三重県「明治復刻地図」より作成)

f:id:x4090x:20180306011454j:plain

 

*大石見守:大久保石見守長安

 

*板伊賀守:板倉伊賀守勝重

 

*米津清右衛門尉:米津正勝

 

*先年両国之侍衆拾人宛出合、以相談判状仕:天正元年12月7日「甲賀郡奉行十人」と「伊賀奉行十人」のそれぞれの「惣」が署名と花押を据えた連署起請文のこと(上掲書120頁、42号文書)。「御弓矢ノ手前、此分にて可有御落居候」とあり、武力衝突直前までの緊張状態に陥ったようだ。

 

 天正元年段階では「奉行」と、この裁許では「両国之侍衆」とよばれる在地の有力者によって、話し合いがなされて秩序が保たれていたが、なかには血気盛んな百姓連中が、決まりを守らず入山していたようだ。慶長年間になると、このように上級権力の裁定を仰ぐようになる。

 

この衝突は伊賀と甲賀という自治組織同士の争いのみならず、国境相論となりかねない火種を抱えている。

 

また、宛所が「惣百姓」とある点も興味深い。