日本史史料を読むブログ 

日本中近世史史料講読で可をとろう

2018年01月18日放送歴史秘話ヒストリア「百万石サバイバル! 加賀前田家・3人の英雄たち」で紹介された天正10年前田利家検地史料について

天正10年3月25日前田利家が検地を行った史料として以下の文書が紹介された。

 

f:id:x4090x:20180304202604j:plain

 

 

合四拾九町九段六十九歩  惣高

   此内

 四拾町三段百十八歩   田方分 上中下御定

 七町九反大九十九歩   畑方分 弐町六反九□

 壱段六十歩       屋敷分

 壱町四段大卅三歩    田畠荒分

但四拾三町半九歩  田畠屋敷  定高

  此俵千弐百九十壱俵壱斗七升弐合五勺

此外

  拾七町七段余     長不作有之

 天正拾年三月廿五日

        林久右衛門尉(花押)     

        神野孫右衛門尉(花押) 

 

「段」の単位に「大」「半」などの文字が見えるが、360歩=1段(反)なので、3分の2である240歩を「大」、2分の1である180歩を「半」、3分の1の120歩を「小」と呼ぶ、中世以来の単位を使用している。

 

村の合計高は49町9反69歩としているが、これは石高でなく面積である。もともと「高」は数量の総額を意味していたので「惣高」が石高とは限らない。ここでは村の総面積という意味になる。

 

(記載内容)

 

内訳は 田    40町3反118歩

    畑     7町9反339歩

    屋敷       1反60歩

    荒廃地   1町4反273歩

  年貢賦課高  43町189歩

  これを俵数に換算すると1291俵1斗7升2合5勺となる。

 このほかに、永年不作地として17町7段余ある。

 

年貢賦課高が43町あまりであるのに対して、荒廃地が1町4反、それとは別に「長不作地」つまり耕作放棄地が17町あまりというのは、かなり疲弊した村であると思う。

 

1升は1.8リットルなので1勺は18ccとなる。番組では前田利家の計算の細かさを好意的に解説していたが、取られる百姓側からはたまったものではない。ちなみに「勺」の下には「才」という単位もあり、実際年貢量が才単位で書かれている文書もある。1.8cc単位のレベルになる。

 

石高で村高を表す方法はまだ登場せず、また面積の単位も360歩=1反でありかつ「大半小」という中世の方法を踏襲している点は注意したい。