日本史史料を読むブログ 

日本中近世史史料講読で可をとろう

文禄4年12月吉日長田右衛門丞宛宇喜多秀家黒印状を読む

このようなTLが流れてきた。

 

ここでこのポスターにある宇喜多秀家黒印状を読んでみたい。

 

f:id:x4090x:20180304004033j:plain

 

   西大寺領之事
              上東郡
一、高五拾石也         西大寺
     弐石ハ        屋敷定米
右内
     四拾八石ハ      田畠


右如書付之田畠之上中下を引合西大寺
願へ可相渡、然者代官高内引ニ相残以
高辻可遂算用者也
  文禄四年
   十二月吉日(秀家黒印) 長田右衛門丞
                   とのへ

 

(書き下し文)

    西大寺領のこと
              
一、高五拾石なり     上道郡西大寺のうち
     
右のうち二石は屋敷定米、四十八石は田畠


右、書付のごとく田畠の上中下を引き合い、西大寺
願へあい渡すべし、しからば代官高内引にあい残し、
高辻をもって算用を遂ぐべきものなり
  文禄四年
   十二月吉日(秀家黒印) 長田右衛門丞
                   とのへ

 

*上東郡:備前国上道郡。

f:id:x4090x:20180304005150j:plain

国史大辞典」より作成

 

西大寺西大寺村、寛永頃の村高は1454石余。

 

*本願:本願主のことで、寺院・仏像などを創立し、法会を執行する発起人の意。

 

*高辻:「辻」は合計の意。高辻は年貢として納めるべき米の合計高。

 

*長田右衛門丞:本文中にある「代官」のひとりか。

 

(大意)

   西大寺領のことは以下の通りとする
              
ひとつ高五拾石とする。それは上道郡西大寺村のうちからとする。     
50石のうちわけは、2石は屋敷、48石は田畠である。


右、この書面の通り田畠の上中下を精算し、差し引きした上で、西大寺本願へ50石渡しなさい。そして代官はこの50石を残した年貢米合計を納めさせなさい。

 

 

この文書は花押すらなく、黒印を据えただけの非常に簡単な形式なもので、しかも宛所はずっと下の方にあり、敬称は「とのへ」で薄礼化された文書である。

 

また、切紙をさらに裁断した跡も見える。大きさが写真だけではわからないのでなんともいえないが、折紙などのような上等なものではなさそうだ。