日本史史料を読むブログ 

日本中近世史史料講読で可をとろう

日本中近世史料を中心に濫読・少読・粗読し、各史料にはできるだけ古文書学に倣い表題をつけ
史料講読で「可」を目指す初学者レベルの歴史学徒として史料を読んでいきます

仮名にふりがながつく例

今も健在な変体仮名(「変体」という言い方自体に問題がありそうだが)がTLに毎日流れてくる。

 

多くが老舗の包装紙や看板に多いのだが、こういう事例ははじめて見た。

 

 

仮名で「じまん」と書かれているそばに「じま」とルビが振ってある。仮名にふりがなとはご丁寧だが、少々興ざめだし、これは屋上屋を架すというものではないか・・・。

 

それに、草餅にはルビがあるのに、なぜ同じ漢字である「向」にはないのか???

 

老舗の包装紙や看板、箸袋、のしから変体仮名が消えるのも時間の問題かも知れない。

 

そういえば変体仮名を守ろうという声を聞いたことがない。