日本史史料を読むブログ 

日本中近世史史料講読で可をとろう

アシガールのように女性が戦国期へタイムトリップ/タイムスリップするさいの心得その3 女房奉書と散らし書き

文書に関する限り圧倒的に女性の負担が重いと思う。

こういったサイトがある。

 

 このページは、科学研究費補助金(基盤研究(C))による研究「書状史料論の試み」(2010~12年度)の成果を発信するためのものです。

 

http://www.hi.u-tokyo.ac.jp/personal/suegara/shojo_kaken

 

そこにアップされている女房奉書の写真がこちら。

 

 

f:id:x4090x:20180219024155p:plain

 

 現代文にするまで5ステップ踏まねばならない。こりゃ大変な世界だ!!

 

5ステップ、つまり5拍子の、たとえば「スパイ大作戦」または「ミッションインポッシブル」のテーマ曲で踊り続ける強い忍耐力を要する。

 

 

youtu.be

 

公的あるいは男性的な文書は漢字中心、一方私的あるいは女性的な文書は仮名の散らし書き(秀吉の女性宛の書状は後者のスタイルを採るケースが多い)で、歌に仮名が多いのもそのせいかと思われる。

 

さて、唯は女房奉書を読み書きできるようになるのか、続編に乞うご期待!!