日本史史料を読むブログ 

日本中近世史史料講読で可をとろう

日本中近世史料を中心に濫読・少読・粗読し、各史料にはできるだけ古文書学に倣い表題をつけ
史料講読で「可」を目指す初学者レベルの歴史学徒として史料を読んでいきます

<再掲> ドラマ「アシガール」最終回 唯の手習い

手習いに苦労する唯。当時の人から仮名も書けないのかと思われそう・・・。

 

 

f:id:x4090x:20180218023828j:plain

 

お手本は「古今和歌集 巻第一 春歌上」

 

 

 

(唯の手習い)

内に

春はき

けりひとを

こそとやいはむ

ことしとやいはむ

 

 

けりひとを:本来は「けりひととせを」と書くべきところ。唯が苦労しているさまが描き出されていると思う。

 

(手本)

古今和歌集巻第一

春歌上

 

年の内に春はきにけりひととせを(1)こそとやいは(2)ことしとやいはむ(3) 

 

 

 

 

*を(1):「越」

*は(2):「者」そば屋で見る「生そば」の「者」

http://blog-imgs-47.fc2.com/e/s/p/esperanzakz/ab-5917ah.jpg

http://blog-imgs-47.fc2.com/e/s/p/esperanzakz/ab-5917ah.jpg

 *む(3):「無」

 

年の内に 春は来にけり 一歳を 

      こそとやいわん 今年とやいわん