日本史史料を読むブログ 

日本中近世史史料講読で可をとろう

幕末の金回り事情

 

 

f:id:x4090x:20180209191658j:plain

 

f:id:x4090x:20180209191129j:plain

「浮世はゆめだゆめだ」

「浮世は」の「は」はは盤 盤

 

「ひやうとり」=日用取、日雇取・・・日払いで雇用される労働者、武家奉公人をはじめさまざまな業種に携わっていた

「ひやう」の「ひ」はひ飛 飛

 

 

 

「ふねのり」 =「船乗り」

「市中のものもち」=金持ち

 

この絵は「市中のものもち」から「船乗り」や「ひようとり」などへ金が大量に流れていくさまを描いたもの。日雇取や船乗りのそばには銭緡(ぜにさし)の束が積まれている。96枚で100文となる。

 

 

f:id:x4090x:20180209192703p:plain

http://sirakawa.b.la9.jp/Coin/J034.files/J034J.jpg