日本史史料を読むブログ 

日本中近世史史料講読で可をとろう

ブラタモリ 熱海の絵図

f:id:x4090x:20180204001841j:plain

松田法子氏の論文を読んでみると近世の「湯株」を軸とした温泉町が、近世的特徴を継承しつつ、近代的な変容を遂げていく過程が、よくわかる。その特徴を表す言葉が「湯戸」である。

 

ところで温泉町といえば、射的や遊郭など娯楽施設が欠かせない。松田氏も

www.aij.or.jp

という論文をおおやけにされている。

ただし、ダウンロードするには1080円必要である。

 

 

f:id:x4090x:20180203235712j:plain