日本史史料を読むブログ 

日本中近世史史料講読で可をとろう

英雄たちの選択 秀吉VS山城SP 第2夜「天下統一最後の戦い“奥州再仕置”」  「山の奥 海は櫓櫂の続くまで」「ことごとく撫で切り」再論

太閤検地の本質を表す表現として、1950年代からしばしば言及されてきた文言が、天正18年8月12日浅野長政豊臣秀吉朱印状に見える「山の奥海は櫓櫂の続き候まで」「一郷も二郷もことごとく撫で切りにせよ」である。

 

番組でしばしば引用された史料の全文の、翻刻、書き下し文、大意はこちら。

 

japanesehistorybasedonarchives.hatenablog.com