日本史史料を読むブログ 

日本中近世史史料講読で可をとろう

「愛媛県讃岐国」と「愛媛県伊予国」 1876年から1888年の11年間四国に存在した巨大県「愛媛」

明治6年2月、紆余曲折を経て愛媛県が誕生した。そのわずか3年後の明治9年8月香川県を合併し、巨大愛媛県が成立した。

f:id:x4090x:20180124195326j:plain

 

上は現在の愛媛県香川県であるが、明治6(1873)年から同21(1888)年12月まではこの両県を併せて「愛媛県」と称した。面積は6066キロ平方メートルにおよび、現在の三重県より広く、茨城県よりせまい計算になる。

 

この頃の書状の宛名には「愛媛県伊予国○○郡…」「愛媛県讃岐国△△郡…」と見える。

 

愛媛県は通常「東予中予南予」と地域区分されるように、県名の「愛媛」より「伊予」になじみがあるようだ。香川県は多くの他県と同様、郡名に由来するのに対して(律令制「香川郡」)、愛媛は地名でなく、神話から名付けられた歴史的にごく短い県名である。しかも、10年間も伊予国讃岐国が住所表記に使われていた特別な事情がある。

 

ちなみに「愛」という字を「え」と読む事例は近江国滋賀県)愛知郡(えちぐん)などがある。草書体は次の通りなので、好みは分かれる。

 

愛

 

 引用元:https://stat.ameba.jp/user_images/f8/40/10011470327_s.jpg