日本史史料を読むブログ 

日本中近世史史料講読で可をとろう

明治維新以降の租税収入内訳

f:id:x4090x:20180107230734j:plain

f:id:x4090x:20180107230757j:plain

三和良一他編『近現代日本経済史要覧』(2010年、東京大学出版会)21頁、表27より作成

 

1868年度から1875年度まで、政府の租税収入の85パーセントが地租だった。金納とはいえ事実上明治政府の収入は旧幕府と同様「年貢」に頼っていた。明治の最初の10年間は、収入面から見た場合「近代国家」ではなく封建国家だったと言える。