日本史史料を読むブログ 

日本中近世史史料講読で可をとろう

ネコの喧嘩を仲裁する小僧の図

太田記念美術館で2017年人気があったネコに関する浮世絵。

 

 

 

https://pbs.twimg.com/media/DSWNEg_UQAAXhcm.jpg

 

 

真ん中の人物が「猫ずきな小僧」*で、見切れている人物には「ぽんとした小僧」とある。「ぽんとした」とは「ぼーっとした」という意味なので興味深いが、残念である。

 

*「な」は「奈」のくずし字で現代でも「うなぎや」の「な」として現役である。

 

「教訓善悪小僧揃」というタイトルがつけられているように、様々な小僧を集めて描いたものらしい。