日本中近世史史料講読で可をとろう

ただし、当ブログは高等教育課程における日本史史料講読の単位修得を保証するものではありません

日本中近世史料を中心に濫読・少読・粗読し、各史料にはできるだけ古文書学に倣い表題をつけ
史料講読で「可」を目指す初学者レベルの古文書オタ、いえ歴史学徒として史料を読んでいきます

ネコの喧嘩を仲裁する小僧の図

太田記念美術館で2017年人気があったネコに関する浮世絵。

 

 

 

https://pbs.twimg.com/media/DSWNEg_UQAAXhcm.jpg

 

 

真ん中の人物が「猫ずきな小僧」*で、見切れている人物には「ぽんとした小僧」とある。「ぽんとした」とは「ぼーっとした」という意味なので興味深いが、残念である。

 

*「な」は「奈」のくずし字で現代でも「うなぎや」の「な」として現役である。

 

「教訓善悪小僧揃」というタイトルがつけられているように、様々な小僧を集めて描いたものらしい。