日本史史料を読むブログ 

日本中近世史史料講読で可をとろう

石田三成島津分国検地掟写を読む その3

以下の記事の続きを書いてみる。

 

japanesehistorybasedonarchives.hatenablog.com

japanesehistorybasedonarchives.hatenablog.com

 

(四条目)

一、藪之事、其藪々々とし々々十分一きり十分一之内を藪主十分一可遣之候、 たとへ百本在之やぶて、一年竹拾本きり九本公方へ上り、一本藪主とり、九拾本立置分相定、可書付事、

 

(書き下し文)

一、藪のこと、その藪その藪にて、としどしに十分の一きり、十分一のうちを藪主に、十分の一これを遣わすべく候、 たとえば百本これあるやぶにて、一年に竹拾本きり、九本は公方へ上り、一本藪主とり、九拾本は藪に立ち置く分にあい定め、書き付くべきこと、

 

*其藪々々、とし々々:宮川著書では踊り字は「くの字点」。二文字ずつの繰り返しは本来「くの字点」を使うが機種依存文字である上、縦書きにしか使えないので「々々」で代用した。ひらがなの踊り字は「ゝ」なので「としとし」は「としゝゝ」で代用すべきところだが、煩雑なため上述の様にした。

なお、踊り字については以下を参照されたい。

www.wikiwand.com

 

Wikipediaに「二の字点」の記述もある。厳密には「々」と「二の字点」は区別され、活字もそれぞれ用意されているが、戦後は「々」に統一される傾向があり、もはや絶滅しつつある。

 

http://www.ninjal.ac.jp/publication/catalogue/kokken_mado/04/03/mado04_03_01.jpg

http://www.ninjal.ac.jp/publication/catalogue/kokken_mado/04/03/mado04_03_01.jpg

www.ninjal.ac.jp

https://www.sanseido.biz/DispRes.aspx?fi=d82f1904-583a-423f-8318-74cad01cc734

 https://www.sanseido.biz/DispRes.aspx?fi=d82f1904-583a-423f-8318-74cad01cc734

 

なお、ATOKでは「おどりじ」で変換すると、「々」のほかに「ゝ」「ヽ」などが候補に挙がる。

 

(大意)

 

 ひとつ、藪のこと、その藪その藪において十分の一だけを伐採し、そのさらに十分の一を藪主に渡すようにしなさい。たとえば百本あるやぶでは、一年に竹を10本だけ切り、そのうち9本は公方へ納め、残りの1本を藪主の分とする。90本は藪に残すようにし、帳面に記載しなさい。

 

藪は薪をはじめとする様々な資源が取れる場所である。ここで豊臣家へ納めるものと藪の持ち主の取り分を9:1とし、さらに毎年伐採する割合を1割に決めており乱伐を禁止している。「藪主」がひとりの地主を意味するのか、それとも入会地とする村々のことか明らかでないが、いずれにしろ秀吉による介入が見られる。

 

前回も触れたが、秀吉は米だけで満足することはなかったようである。