日本史史料を読むブログ 

日本中近世史史料講読で可をとろう

続々「新発見」の光秀書状の原文と書き下し文を載せてみた

書状の宛所(宛先)の土橋重治について高木昭作監修、谷口克広著『織田信長家臣人名辞典』(吉川弘文館、1995年初版)255頁によると

 

生没年不詳。平之丞、平尉。紀伊名草郡の土豪雑賀衆の一人。兵次守重の弟という。本願寺に与し、播磨三木城の別所長治に助力。天正7(1579)年9月10日、三木城に兵糧を入れた(天正記・別所長治記)。

同10年1月23日以前、兄守重が鈴木孫市重秀に殺されると、一族して居城に籠もり、しばらく織田信長の軍と戦ったが、ついに敗れて、舟で土佐まで逃れた(信長公記・宇野主水日記)。

本能寺の変後、また雑賀に戻ったのであろう。秀吉に招聘されたが、仇である孫市も招かれたので断ったという(紀伊風土記・土橋伝記抜書之写)。

紀伊鶯森に移った後の本願寺とも引き続き懇意で、同10年9月24日、本願寺より根来寺への礼を取り次いでいる(宇野主水日記)。

同13年3月、秀吉の雑賀攻めに会い、砦を陥され、24日、舟でまたも土佐へ逃れた(宇野主水日記・小早川家文書)。

その後北条氏政に仕える。小田原陣の後浪人したが、その後、毛利氏に仕えるという(阿部猛外『戦国人名事典』)。 

 

 

なお早島大祐氏は「上意」「御入洛」が信長を指すという天正5年説を踏襲しており(同「明智光秀の居所と行動」178頁  藤井譲治編『織豊期主要人物居所集成』思文閣出版、2011年、2016年改訂)、雑賀攻めの戦後処理時の文書とみなしているようだ。