日本史史料を読むブログ 

日本中近世史史料講読で可をとろう

「新発見」の光秀書状の原文と書き下し文を載せてみた

引用は奥野高廣『増訂織田信長文書の研究(下)』(吉川弘文館、1970年初版、1988年増訂)pp.298~299 ただし、闕字、平出は無視する

 

(包紙) 

  雑賀五郷      惟任日向守

  土橋平尉殿        光秀

       御返報        」

 

   尚以、急度御入洛義御馳走肝要候、委細為上意、可被仰出候条、不能巨細候

 

 

如仰未申通候処ニ、上意馳走被申付而、示給快然候、然而 御入洛事、即御請申上候、被得其意、御馳走肝要候事、

一、其国儀、可有御入魂旨、珍重候、弥被得其意、可申談候事、

一、高野・根来・其元之衆被相談、至泉・河表御出勢尤候、知行等儀、年寄以国申談、後々迄互入魂難遁様、可相談事、

一、江州・濃州悉平均申付、任覚悟候、御気遣有間敷候、尚使者可申候、恐々謹言、

  六月十二日             光秀(花押)

  雑賀五郷

  土橋平尉殿

      御返報

 

(書き下し)

  *(この部分は追伸)なおもって、急度御入洛義御馳走肝要に候、委細上意として、仰せ出さるべく候条、巨細にあたわず候、

仰せのごとく未だ申し通ぜず候処に、上意馳走申し付けらるるにつきては、示し給い快然に候、然して御入洛の事、即ち御請け申し上げ候、其の意を得られ、御馳走肝要に候事、

一、其の国の儀、御入魂あるべきの旨、珍重に候、いよいよ其の意を得られ、申し談ずべく候事、

一、高野・根来・そこもとの衆相談ぜられ、泉・河表に至って御出勢もっともに候、知行の等の儀、年寄国を以て申し談じ、後々まで互いに入魂遁れ難き様、相談ずべき事、

一、江州・濃州ことごとく平均に申し付け、覚悟に任せ候、お気遣いあるまじく候、なお使者申すべく候、恐々謹言

 

この書状を奥野氏は天正5年と比定しているが、藤田氏は天正10年のものと考えている。

藤田氏の著書『本能寺の変の群像』159頁(雄山閣、2001年)でこの書状に言及しているので参照されたい。

 

ところで文中「御気遣有間敷候」とあるが「有間敷」は「あるまじく」と読む。夏目漱石の小説などに「六ケ敷」と書いて「むつかしく」と読ませる例が見られるが、これと通ずるものがある。