日本史史料を読むブログ 

日本中近世史史料講読で可をとろう

日本中近世史料を中心に濫読・少読・粗読し、各史料にはできるだけ古文書学に倣い表題をつけ
史料講読で「可」を目指す初学者レベルの歴史学徒として史料を読んでいきます

漢数字の四・肆を「二二」と書いた事例を挙げてみる

こういう記事が人気のようだ

 

nlab.itmedia.co.jp

 

小ブログでは実際に「亖」ではなく「二二」と書かれた事例を紹介しよう。

引用は『 題目板碑の世界 (PDFファイル) - 立正大学』による。

 

「暦応二二年」9頁

「文亀二二年」10頁

 

該当ページの翻刻と写真をご覧いただければおわかりだろう。

 

このような事例は辞書に載りにくく、実際使われていたかどうかを調べるには限界がある。